人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

散歩といえば蝶

散歩、カメラと言えば「蝶」です。

このパターンは、何故か定着しています。
d0047078_22575946.jpg
しかしもう4月ですので、初蝶と言うには随分遅い気がします。蝶は多分2月くらいから姿を見せ始めると思いますが、最初によく見る種類としては、キタテハとかルリタテハかと思います。まあ、実際に蝶を追っていると言うよりは、目の前にいる蝶を撮っているだけですので、あくまで私がよく見ると言う範囲内ではありますが。
d0047078_22574635.jpg
そして蝶は、行く場所により少しづつ見れる種類が変わったります。
自宅近くの森では、たまにしかいませんが、ここではヒオドシを非常に多く見ます。そしてこの時期は越冬蝶なのか、翅がボロボロのものを多く見ます。
写真的には、残念と言うことになるのかも知れませんが、蝶たちの生きてきた歴史がその姿と思うと、それはそれで重みがあるよう感じます。
d0047078_23110499.jpg
ブーンという音とともに、そのボロは姿を現します。
この音がすると、いつもヒオドシのボロがいます。翅のせいなのか、もともと音がするのか良くわかりませんが、翅の先がすりきて傘の骨がむき出しになっているよう個体や、翅先の鱗粉がほとんど落ちて、透明になっているものもいます。
d0047078_23113057.jpg
一般的に蝶として美しいか?
と言えば、疑問がある姿ですが、その擦り切れた翅が生きてきた証と思うと、なんだか凄みを感じます。まあ、どちらかと言うと山の蝶は、一般的に美しいと思わない方も多いと思いますが、少なくとも別の意味で美しいと感じ、誇らしく何か威厳のようなものを感じます。
d0047078_23143629.jpg
まあ、美しいものは他の人に任せて、私は自分の目に映ったものを撮る。完全な自己満足ではありますが、そんなことでいいのかと思います。

by squeu | 2019-04-19 23:21 | 雑木林

今年は少し撮影しようかな?

先日、久しぶりにブログの更新をしました。

そしてまた更新しようとしています。
何故なら、この間久しぶりに撮影してきたからです。
d0047078_21281000.jpg
まあ、そんな非常に単純な理由ではありますが、今年はボチボチと撮影して行きたいと・・・本当は毎年思ってたりしますが、まあ色々と諸事情が起こったり、子供にカメラ取られたりと色々とあるわけです。ジジィになりの言い訳が・・・。
d0047078_21275320.jpg
そう言った事情で、すぐに音信不通になるかも知れませんが、それまでは頑張ろうかと・・・と、言うかこの程度で頑張るとは言わない気がしますが・・・。

久しぶりに散歩をして感じたことは、数年振りに訪れた場所が、数年前とあまり変わらないことに、少しの懐かしさと私が行かない間も毎年同じ営みが繰り返されていたことに、なんとも言えない気持ちになりました。

人間の数年は、激動と言ってもいいと思います。
例えば、中学や高校に入ると3年後にはすでに卒業です。大学生なら就活をして入学したての頃とは見違えるように変わっています。そんな時間軸の中で、何も変わらずにそこにあることに少しの驚きと自然と営みと言うものを感じずには入られません。
d0047078_21275995.jpg
しかし、その春の景色の主役たちは、実は一年サイクルで花が咲き、実をつけ、次世代に代わり、また多くの生命は、生まれて、大人になり、子孫を作っています。
それらのものは、実は私が感じている時間よりも短いサイクルで生きていたります。

そう考えると数年前と同じ景色・私の生きた時間・生命の生きている時間軸が、非常に不思議なことのようで、当たり前のようで、非日常のようでもあり、同じようで、全く違っていて、絡み合っているようで、関係ないようで、それらを全てまとめると非常に奥深いものを感じます。
d0047078_21280496.jpg
色々な場所で、色々な時間軸で、様々な一生を繰り返している・・・その中に自分もいると思えたとき、少し気が楽になった気がしました。

by squeu | 2019-04-17 21:33 | ありふれた日常

桜の季節

久しぶりの更新です・・・つーか数年ぶりの気がします。

まあ、それはさておいて、今年も春がやってきました。
今年は暖冬であったと思いますが、春になるのに以外に冷たい日が多いような気がします。

さて、春を感じる代表として、やはり桜ではないでしょうか?
d0047078_23080907.jpg
とはいえ、これだけどこに行っても桜ばかりだと、少しありがたみがない気もします。
そんな風に感じたことはないでしょうか?

まあ、そんな風に思うのは少しへそ曲がりな一部だけなのかも知れません。
正直、いくらなんでもここまで桜ばかりを植えるのは、どうなんだろう?と言う気がします。
d0047078_23082280.jpg
どこでも桜の花が満開になり、個性というか、そう言ったものがない世界のような気がします。と、斜めに構えている反面、ここまで徹底して桜が植えられていると、日本中が春、桜色に染まって行き、没個性を通り越して、ある意味見事であると感じます。
d0047078_23081412.jpg
このどこに言っても桜色の風景と言うのは、なかなか感じることができない稀有な体験であるように思われ、そんな風景が広がる日本が少し素敵に見えてきます。
d0047078_23081881.jpg
そして、今年も桜の開花を眺めあっという間に散る様を見て、季節の移り変わりを楽しんでいます。

by squeu | 2019-04-15 23:26 | ありふれた日常