小さな葉の上の大きな世界

 季節が変わり温度の上昇と共に、沢山の虫が森を賑わすようになりました。

d0047078_2365822.jpg

d0047078_15555031.jpg私たちが気づくかどうか?そんな事にはお構い無しに 森の中には沢山のドラマで満ち溢れているます。

食べる者もあれば 食べられる者もあります。
そんな 当たり前の事が毎日繰り返されています。

 「葉の上」

 そこにはいろんな生命がいます。
そしていろんな生命がいれば 必ずそれを糧とする生命が存在し その生命もまた捕食され そんな豊かな生態系が森を支えています。

 そんな自然の中にいると それがグロテスクかどうかは、別世界の私たちの勝手な判断基準であり それぞれに必死に生きてる・・・ただそれだけの事のように思うと妙な爽やかさを感じるときがあります。

d0047078_15563280.jpg


d0047078_1559035.jpgとは言ってももちろん私も嫌いな虫もありますが、そんな虫でさえ こいつらは 今を一所懸命生きてるだけなんだ! そう思えたとき 少し違う感情が沸き起こってきます。

 「蜘蛛」は、結構嫌われる方も多いと思います。が、葉の上でじっとしている蜘蛛は、また面白い存在なのかもしれません。まったく 微動だにせずに・・・じっとしているんですが、獲物が来たときのすばやさは全く目にも止まらないと言う表現がピッタリです。

 そんな蜘蛛ですから 私は怖いものが無い存在のような錯覚を持っていましたが、しかし葉の上の蜘蛛にせよ 蜘蛛の巣の蜘蛛にせよ 彼らは近づくとすばやく身を隠すものが多いんです。と、言うことは逃げる理由・・・つまり 彼らも捕食される生命なのだと思いました。

 その葉を食べるものもいます。


d0047078_15595924.jpg 新しい季節の始まりには 本当に小さかったバッタやツユムシのその他の昆虫も日を追うごとに成長しているようです。

 これらの虫は、小さな頃 葉の上のベッドで守られているようにちょこんと乗っかっていたのが、いまではしっかりとつかまって自分の意思で生きているような感じをうけます。


d0047078_162131.jpg 

また葉に擬態するものもいます。
なんでこんな格好で・・・・?
そんな風に思えるコケティッシュな擬態もあります。
全く 自然は・・・・いや その中の葉っぱの上だけの世界を見ているだけで飽きることのない大きな世界があるように感じます。

これから 夏にかけて今以上に沢山の命のやり取りが「この小さな葉の上の大きな世界」で繰りかえされるのでしょう・・・・
[PR]
by squeu | 2005-06-09 21:15 | 葉っぱの会


<< SUNNY DAY ハッチョウトンボの湿地帯 >>