不思議なチョウ

 本日 森へ散策へ行きました。


d0047078_15542662.jpg朝 少し早かったせいか、あまりトンボやチョウの姿はみられず 
家に帰る時間(妻との約束)も押し迫ってきたので途中で折り返す事にしました。

「やはり 散策 撮影になると2,3時間ではたりず、どうしても一日潰れてしまうなぁ!」

そんなことを考えながら 途中の池まで戻ってきました。

どんなに急いでいても 池には寄ります(笑)。

池にはトンボがいますし、時々蝶もやってきます!

案の定 いました!

コミスジです!コミスジはこの間撮ったんですが、一応眼の間に来るものはなんでも撮っておきます・・・笑。

いつものように行ったり来たりする蝶をじっと待ちます。

 出来る限り足元近くに留まってくれないと アップは狙えませんし、留まっている蝶に近づいていくとある程度の距離で必ず逃げられます。ですから 最初に出来る限り近くに留まってくれるのが私の撮影の条件です。

 そんな時私は最近覚えた「コッチャコイ ビーム」を放ちます!(コッチャコイビーム=単にこっち来い!と 口の中で呟くだけです。)

 種類にもよるんでしょうが、意外と同じような場所に戻ってくるんです。
きっと 私たちには分かりませんが、蝶やトンボにはお気に入りの場所の条件があるんだと思います。
 留まる、近づきながら撮影、そして逃げられる。
いつものようにそんなことを繰り返していると、まるで バカにしたように体の周りを遠回りに飛びます。

 そこで留まれ!そう 思いますが、そんな思いが通じたことはもちろんありません。
何度目かに体の周りを飛んでいるとき 出来る限り体を動かさないように目で追っていると突然消えるじゃないですか?

d0047078_15545060.jpg


 どこだ?
息を殺しながら 周りの地面を見回します。


いません・・・・逃げられたか!・・・そんな 事はよくあることですので あきらめて帰ろうとすると・・・フトモモのあたりに止まっているではありませんか!

 今回のレンズは最短撮影距離 95ミリ・・・つまりフトモモのあたりではピントがあいません。
仰け反りました!背筋がふるえるほど・・・それで撮れたのが一枚目です!

まあ しゃないか?そう 思いながら歩くと 当然 蝶は飛んでいきます。
蝶がズボンに留まるなんて意外と珍しい経験をしたんじゃないか?そんな 事を考えながら他になにかないかと探すとまた蝶がひらひらやってきます・・・・?

 一体なんなんでしょう?また 留まります????
蝶ってそんな虫だったっけ????
いや たぶんそんなことはないはずです!トンボはそんなのがいますが、蝶はほんの少し近づくと逃げてしまう 結構やっかいな奴です。

まあ 一応撮影しました。
d0047078_1555527.jpg
今回はさっきよりも下ですので問題なく撮影できました。

もういいか!
そう 思い歩き始めても 逃げません???まったく 不思議です。それでも 少し歩けば、どこかへ行きます。




立ち止まると また・・・・もしかして 体から何か甘い匂いでもでてるんじゃないのか・・・・?糖尿じゃ・・・・・ないよな・・・・・・。
[PR]
by squeu | 2005-05-15 14:52 | 雑木林


<< 人のらくだ あなたは何をするものぞ・・・? >>