シデコブシの咲く頃

d0047078_22332625.jpg


「シデコブシ」

みなさんは知っているでしょうか?

 この花は、世界でも日本の東海地方にしか咲かない貴重な花です。

 通常のこぶしは花びらが5枚程だと思いますが、このシデコブシは20枚前後の短冊形の花びらをつけます。
 また 咲いている期間も非常に短く この時期を代表する桜よりも短いくらいです。

 桜が表舞台の花だとすると 差し詰めシデコブシは裏舞台の花というところでしょうか?

 果たして桜とどちらが綺麗か?と 言われれば恐らくみなさん桜と答えられることでしょう。しかし 私はこのシデコブシに何か引かれるものがあります。

 人の来ない湿地帯 そこにこのシデコブシは細長い花びらをつけてそっと咲いています。はっきりしない道を邪魔する草木を掻き分けてその木の下に行くと短冊型の白い花びらが湿地帯の湿った枯れ葉の上に落ちています。

 誰も来ないこの場所で・・・・静かに咲いてそして静かに散っていく・・・誰にも知られずに・・・ほんのわずかな時間で満足するかのように・・・・散っていた。
[PR]
by squeu | 2005-04-19 22:32 | 雑木林


<< 春の女神(ギフチョウ) 輝きの季節の中へ >>