しずく ・・・素敵な水滴?

非常にくだらないダジャレをタイトルに使ってしましました。
少し反省しないでもありませんが、昔このくだらないギャクを自慢げに言っていたおじさんがいたのを思い出して、懐かしい気がして使ってみました。
(また、使うような気がしますが・・・)
d0047078_22344135.jpg

水滴の季節がやって参りました。
と、言っても一年中撮れるんですが、まあ撮影のネタが無くなる季節は特に撮ったりしますが、それ以外でもたまに撮ります。

何故、水滴やしずくを撮るのか?
d0047078_22352792.jpg

そう前にも紹介しましたが、私が森で水滴を撮っていたら、おばちゃんが興味本位で声を掛けてきました。
「何撮ってるんですか?」
相手はどう考えても普通のおばちゃんです。
まともに答えて理解してくれるなんて思えませんので、正直に答えるかどうか少し考えましたが、面倒だったので正直に、
「すいてきです。」
「・・・・・・・。」
おばちゃん、固まっていました。
d0047078_2236539.jpg

そりゃまあ、道端でしゃがんで水滴を撮っているおっさんに出会うことはほとんどないでしょう。
いや、大体の方は、そんなおっさんに遭わずに一生を終えるのではないかと思います。
一般論として、私にだってそのくらいわかります。
せめて聞かずにそのまま通り過ぎてくれたほうが良かったのに・・・気まずい空気が流れます。
d0047078_22364633.jpg

おばちゃん、引きつった笑顔を見せつつも、言葉に詰まっています。
まあ、なんと回答していいのか解らないのだとは、十二分に想像はつくんですが、こちらかも別に言うことはありません。
d0047078_22373315.jpg

随分と時間が経ってから、おばちゃんは、
「ごめんなさいね、良く分からずに・・・」
今度がこっちが引きつり笑顔になる番です。

「いやー、別に解ってくれなくても、個人的な趣味で撮ってるんでいいんですけど・・・」
とも言うに言えません。
なんともバツの悪い感じでした。
d0047078_22381811.jpg

で、撮ったのがこの水滴です。
まあ、自分で言うのもなんですが、ただの水滴です。
ただ、おばちゃんは、マクロの世界があると言うことを知らないのだと言うことだけはわかりました。

私が水滴を撮る理由・・・・・それは・・・・・
小さいからです。
いやー、なんでしょう?
水滴が綺麗だから撮ってるって感じじゃないんですね。
マクロレンズがついたカメラを持っていて、そこに小さい水滴がある。
撮ってやろうじゃないか! そんな風に思うわけです。
d0047078_22385878.jpg

そう、水滴と葉っぱは一年中無限にある被写体です。
しかし、自分でも少し思うことは、小さいから撮る、一体それに何の意味があるのか?
そう考えると、自分でなんでそれを撮影するのか意味がわかりません。
まあ、おばちゃんが困るわけです。

ただ、一つ言えることがあります。
d0047078_2239297.jpg

今回の水滴は、あまり寄れなかった!
それが一番の心残りです。次はもっと小さな水滴を大きく撮りたいと思います。
考えてもしょうがありません。とにかくマクロで小さなものを撮る。これ以外と嵌るんですよね〜。
[PR]
by squeu | 2014-05-29 20:09 | 雑木林


<< 蝶に遭える森 たぶんその一 たまには、花の写真でも・・・ >>