リベンジ ハッチョウトンボ

 みなさん どうも~一週間振りのご無沙汰で~す!

d0047078_11551533.jpg


本日は、以前撮影したハッチョウトンボをもう一度しっかりと撮って来ましたのでその顛末と撮影画像をお送りします。

d0047078_12151433.jpg さて いつもの湿地帯へ、いざ・・・・・暑い・・・・!
どこの雑木林もそうでしょうが、私が良く行くところも細い道はあるんですが夏に近づくとところどころ草が道に覆いかぶさってきて、文字通り『掻き分けながら』進むことになります。
 最初の夏は道が無いと思ってしまい、わき道にそれたらいつの間にか道がなくなっていて急斜面を木をつかまりながら降りてきたこともありました・・・・笑。

 一応 長袖を着ていくんですが何度脱ごうと思うことか・・・しかし 毛虫がところどころ顔を覗かせるので少なくとも草の覆いかぶさったところを抜けるまでは我慢です・・・・。
まあ もともと道なのでそんなに掻き分けている時間が長いわけではありませんが・・・。

 途中 いろんな昆虫に会いました。
チョウトンボ・クロアゲハ・キタテハ・イカリモンガ等 なかなか写真には写ってくれませんが、中でもイカリモンガは翅の鮮やかな蛾で今年は是非満足の行く一枚を撮りたいものです。

 話が随分それましたが、そしていつもの湿地帯に着くとハッチョウトンボの数はまた増えたようです!至るところにいます。

d0047078_1156462.jpg


 この狭い空間でこれだけたくさんの個体が同居しているのは、昆虫の中でも比較的珍しいのかな・・・?確かに 一時的に密集していることはあるように思います。たとえば 羽化したとき 給水 交尾の時などですが・・・ハッチョウトンボの場合、ほとんどの個体は生まれてから死ぬまでの間この狭い沼で過ごすのではないかという印象を受けます。

d0047078_1157621.jpg
 ハッチョウトンボの体の大きさを考えると私が感じた狭い空間でも 彼らには十分に広い世界なのかもしれませんが・・・・。
 実際のところ 生活場所から2キロくらい離れたところで繁殖する事もあると言う話なので全てがどこにも行かないわけではないのでしょうが、まあ ほんの少し自然の入り口にたって眺めているだけの私にはそう思えただけかもしれませんが・・・・笑。

 ハッチョウトンボの色ですが、よく見てみる実にさまざまな色のものがあります。

d0047078_11573119.jpg

色の薄いものは、生まれて間もないのでしょうか?

しっかりと赤い色に染まった個体も多数発見・・・?というよりは足元に一杯います(笑)。こちらが♂なんですが、オスの個体は非常に目立つためかこちらばかり目に付きます・・・まあ そこが素人なんですが・・・笑。
もちろんメスも 目を凝らせば発見できます?いや 出来ました。
しかし 実際のところはどうかわかりませんが、オスよりメスの方が随分多いように感じました。



また 最初であったときは小雨が降ってきて撮影時間的に厳しかったのもありますが、♂しか撮影しませんでした。しかし メスに出会ってみると こちらの方がなんとも魅力的に感じてきました。



 一説にはヒラタアブに擬態しているという説もあるようですが、個人的には どうなのかぁ?と思わなくも無いです・・・と いうよのも 自分より小さいものに擬態するものはあまりないのでは?と思うからです。
d0047078_11591528.jpg

d0047078_1203724.jpg  まあ たしかにからだの硬さから考えると ヒラタアブの方が硬いでしょうけど、流石に小さい!ハッチョウトンボが小さいとはいえ 15mmから大きいものでも20mmちょっとでしょう。ヒラタアブは10mmちょっとしかありませんので擬態の意味はない気がいたします。


 それはさておきこの小さなトンボをみていると実に不思議な生き物をみているような気になってきます。


 これは私の持っている固定概念に起因するものなのでしょうが、トンボの大きさと言うものに対して私の中ではおそらくしっかりとした基準が存在するんだと思います。が、このハッチョウトンボの大きさがその概念に合わないのでしょう・・・・何度見てもミニチュアをみるようなかわいらしさを感じます。



 夏が過ぎまでハッチョウトンボの季節は続きます。
あと2,3回は彼らに会いに行きたいと思います・・・・・・
[PR]
by squeu | 2005-06-19 12:20 | 雑木林


<< ボロ・・・・・ SUNNY DAY >>