<   2016年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

帰国・・・そして出張、しかも長期・・・インドネシア編

こんにちは

前回まで、長期に渡りお送りしました「欧州最初で最後の出張」ですが、話が終わらなくて書いていて嫌になりました。

まあ、書くことがそれだけあるのはいいことかも、知れませんが現実からは、約半年遅れの記事になりましたので、一気にワープして少し現在に近いところから仕切り直ししたいと思います。

まずは現在の状況を説明すると、4月初旬からまた出張をしております。期間は当初6月8日と、出張としては、非常に長いものですが、さらに延長されまして7月1日帰国予定となっております。
d0047078_19422547.jpg

場所は久しぶりのアジア、初のインドネシアです。
鋭い方はもうお気づきだと思いますが、この時点ですでに2ヶ月遅れです・・・いや、それは読者が居て気づくこと、誰も読んでいなければ誰も気がつかないのは自明の理・・・まあ、私が気がついているので良しとしましょう。

インドネシアと聞いて何を思い浮かべるか? バリ島、人口2億、イスラム橋がメインであること・・・まあ、ほとんど何もしりません。おそらく、出張が終わった後も何も知らずに帰って来ると思います。
d0047078_19422946.jpg

ただ、この出張にあたり非常に気持ちが沈んでおります。
えっ仕事? まあそれもあるかも知れませんが、どうせ海外に行けばハマるのはわかっていますので、それはある程度諦めています。
d0047078_19423237.jpg

そうではなく、飛行機の時間です。
シンガポールまで7時間プラスインドネシアまで2時間?時差の関係がよくわかりませんが、まあ10時間近くまた飛行機のあの狭いシートに座ると思うとうんざりいたします。あーできれば、飛行機は4時間までにして欲しいな?と、言うのが背実な願いでございます。
d0047078_19423659.jpg

もう一つ、この長距離移動で、夜10時頃(現地時間)にアパートについて、翌日の朝飯も買う時間がないのに、5時30分起きで仕事に行くタイトスケジュールは勘弁して欲しいです。
まあ、朝飯はそんなこともあろうかと、日本でパンを買って持ってきておりますが・・・疲れる・・・・。
d0047078_19424063.jpg

と、言うわけで適当に荷物をまとめて出発いたしました。
気づいたら色々と忘れ物をしておりました。

まずは 序章と言うことで、インドネシアは掻い摘んで行きたいと思います。
[PR]
by squeu | 2016-06-12 19:46 | ikokuにて・・・

欧州からの脱出・・・単なる帰国

ながながと書いてきましたこの出張記事もいよいよ終わる時がやってまいりました。

いやー長い!
ほんの1週間の出来事なのでこんなに長くなるとは想像もできず、途中で嫌になってきたり、少し間が開いたりしました。まあ、一応仕事で忙しかったことにしてください。
ともかく、早く記事の中での帰国させたいと思います。面倒だから・・。

朝4:30イタリアの朝早い!
つーか真っ暗です。なんでこんな早起きしなきゃいけないのか意味がわかりませんが、まあ帰るためです。体に鞭打って、無理やり起きます。確か5時ちょっと過ぎのバスです。
d0047078_11291757.jpg

しかも小雨が降っています。
実は今回は傘を持ってきていません。まあ、勘というか大丈夫だろうというか、まあ面倒だったからなんですが・・・。まあ、パス停もすぐ近くだし、小雨なので、気にせずパス停に向かいます。ちなみにこれが、ホテルが用意してくれたブレックファーストボックスです。なんか美味そうに見えますが、マズイっす。
d0047078_11294564.jpg

さて、問題です。
バス停に着くと先客がいました。
おばあさんです・・・うーんなんか外国っぽいんじゃないのか?なんて感じながら、ブレックファーストボックスに入っていたビスケットをかじりながら、バスを待つと一台のバスが・・・・あれは違うよな・・・。
d0047078_11295791.jpg

そう思うのですが、確証はありません。
なんせ、初めての国、初めての街、初めてのバスです。また、言葉が全くわかりませんので、何を書いてあるのかも正確にわかりませんが、一応、乗り遅れて飛行機に間に合わないなんてことになったら偉いことですので、運ちゃんに確認しました。

朝5時のイタリアのバスの運転手は女性でした。
さっきの婆さんもこの運転手も、やはり日本とは違う事情がこの国にはあるのかと、ちょっと言葉では言えませんが雰囲気を感じました。
d0047078_11301847.jpg

まあ、バスは違ったので落ち着いてベンチで待つことにします。
バスは時間通りにやってきました。乗り込むと運転手が、何かいいます。もちろん全くわかりませんが、切符だしときゃいいかと思い、おもむろに出すと、あたったようでそのまま席に座ります。私の他に乗客は1人か2人だったと思います。
d0047078_11303081.jpg

バスは走り出し、初めてのイタリアの街を通り過ぎますが、まだ真っ暗ですので、何も見えません・・・・私の不安は余所にバスは高速にのりどんどん進み、⒋,50分で空港に着きました。

イミグレを通り、ベネチア空港の中で朝を迎えました。
うーん、これが初イタリアか・・・つーか、全くイタリアを見た気がしません。ベネチア、マルコポーロ空港、なんてかっこいい名前でしょう!でも、夜と、早朝しかしりません。まあ、空港自体なんだかオシャレな感じではありますが・・・・早朝につきほとんどが開店前です。
d0047078_11304457.jpg

本日は、これからフランクフルトへ行き、乗り継ぎで日本に帰ります。たぶん後20時間ほどで家に帰れると思うと・・・・なんて長いんでしょう、うんざりです。
これは土曜日の早朝で、実は私土曜日に日本に着くかと思っていましたが、日本に帰ったらすでに日曜日になっていました。
d0047078_1131271.jpg

そして移動時間は就業時間に入らない的な、一方的に会社有利ルールにより休み無しで月曜日から通常業務が待っていました。
d0047078_11311215.jpg

最後に感想ですが、今回は仕事というこうもあり、全く時間に余裕を感じることもできずに、せっかくの初欧州を感じることができませんでしたが、「ヨーロッパなんて」と実は思っていた私ですが、どこにいっても意外に親切であったり、日本では見ることのない笑顔を見たり、正直悪くないと思いました。
もし機会があれば、仕事ではなく個人て訪れたいと思わせるところでした。


[PR]
by squeu | 2016-06-05 11:31 | ikokuにて・・・

最後の夜

さて仕事も終わり、イタリア最後の夜となります。
d0047078_11403928.jpg

が、忘れてはいけないのが、どうやって空港までいくのか全くわかりません。とりあえずわかっているのは、
1、バスがあるらしい
2、夜の街は危ないので、もし出るならタクシーを使え
  *訪問先注意
この二つです。
d0047078_1141254.jpg

まあ、ホテルまでは送ってくれた・・・厳密に言うとホテルから5分くらいのところで降ろされて、歩いていけとジャスチャーされたんですが。
d0047078_11412038.jpg

まあ、とりあえずホテルにはつけたので良しとしましょう。
チャックイン時にホテルのフロントに、空港行きのバスについて聞くと、歩いて5分のところにあるし、切符も簡単に買えるという話でした。
バスの時刻表ももらえて、朝5時のバスに乗ればいいと教えてくれました・・・5時っすか・・・・。
まあ、それでも朝食は、ランチボックス(ブレックファースト)にしてくれました。ビスケットに硬いパンと全く上手くなくて捨てましたけど。
d0047078_11413288.jpg

まあ文句を言っても仕方ありません。
ともかく帰国できるのですから、まあ今から本日のまとめをしなきゃいけないんですが・・・・。
荷物を置いて、まずはバス停の確認と少し散歩することにしました。
バス停は、すぐに見つかりました。
自動販売機があり、これで切符が買えそうでしたが、まわりを見渡すとチケット売り場がまだ開いていたので、明日のバスのチケット無事手に入れて、明日はバスに乗ればOKです。
これで少し安心できました。
d0047078_11414232.jpg

それで短いイタリアを楽しむために少し歩きました。
[PR]
by squeu | 2016-06-02 11:39 | ikokuにて・・・