<   2013年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年も紅葉の季節に・・・・

11月終わり、私の住んでいる地域では、今紅葉狩りまっさかりというところだと思います。

一応、私も近くのスポットへ行こうかと思いましたが、ちょっとしたところでも渋滞になります。
みなさん、紅葉が好きなんだな! そう妻と話しながら渋滞に我慢できずに、結局いきませんでした。
まあ、どうせ人ごみの中で紅葉を撮るのも集中できませんので、それはそれで全く問題ないのですが、そう言ったわけで毎年私が撮る紅葉は、ピークを過ぎてあまり綺麗ではありません。

と、言うことで今回は、「紅葉の季節に・・・秋の実」をお送りしようと思います。
d0047078_2295461.jpg

秋になると、いろんな実がなります。
我々にとっては、花など鮮やかなものが、観賞のメインとなりますが、草花や木にとっては、花は実を付けるためのプロセスであり、メインとなるのは実なのかもしれません。

しかし、一番艶やかなのが花の季節というのは人間も動物も、そして草や木々も同じであるのかもしれません。

静まり返った朝の雑木林、一見なにもないと思われる中に、枝にひっそりと実を付けています。
誰も気がつかないというのは、大袈裟な言い方であると思いますが、やはり花等に比べるとその注目度は、随分落ちるのではないでしょうか?
d0047078_22101697.jpg

かく言う私も、実が好きなわけでもありませんし、はっきり言って写真を撮らなければそれほど真剣に見ていないのではと思います。
写真にしても、他に撮るものがないので撮っているようなものです。

ここで一つ疑問が湧いてきます。
「何故、写真を撮るのか?」
実のところ、それほど深い意味はないと思います。なんとなくです。
綺麗なものを撮りたいとか、感動するものを撮りたい! そう思って写真を撮る人が多いと思います。少なくとも何らかの、目的を作っている人が多いと思います。
d0047078_22103524.jpg

それは「花、蝶、虫、雄大な自然、街、人」など、様々であると思いますが、私の場合はそのところが、はっきりとしていません。
あえて言うなら、なんとなく撮っている。と言ったところです。
ですから、綺麗な景色のところに出かけることもありませんし、何かを狙って撮りにいくこともほとんどありません。

そう考えると撮っている行為自体の目的が、ほとんどないわけですから、実に不思議であると時々感じます。
そして、誰に見せるわけでもありません。 そう言う意味ではこのブログも似たようなものであると思います。
d0047078_22105473.jpg

そんなことを考えながら、雑木林の中を歩いて行くと、ひっそりとみを付けている木々があります。
木々は、この実のために花を咲かせているんだ。 そしてそれはある意味今年の集大成である。その集大成は、実にひっそりとしたもので、これが生命の営みということであるのか?
そんな風に改めに感じます。

目を凝らすと、紫、赤、黒、黄金色など様々な色の実があります。
誰が見ているわけでもない雑木林の中で・・・・そう見せるために実を付けているわけではないのです。
私の写真とは、まったく違いますが、そのひっそり感だけは非常に似ていると思い、少しおかし味をかんじます。
d0047078_22111332.jpg

私が撮っているものは、そこらへんにある何の変哲もない。きっと他人からすればありきたりでどうでもいいと思われる写真だと思いますが、この実も言葉を変えれば同じだとも言えます。

結局のところ、人に重要であるかどうかと言うのは、実はどうでもいいことなのかも知れません。
問題は、本人に重要かどうかなのでしょう。

「心のシャッター」と言う言葉があります。
私は、何年か写真を撮らない時期がありました。
まあ、海外への赴任やら出張等で、少し一眼レフから遠ざかっていたのですが、しかし写真を撮らなかった時期が問題であると思ったことは、実はありません。

感じたものを写真にするか、目に焼き付けるかだけの違いであるように思います。
きっと、問題は感じるかどうかで、その延長線上に写真があるのだろうと、自分自身思っています。
d0047078_22113441.jpg

人のほとんどいない雑木林で、木の実を見ながらそんなことを考えました。
[PR]
by squeu | 2013-11-24 22:11 | 雑木林

大正池

みなさん こんばんは

今日は大正池についてです。
大正池と言っても、ほとんど誰も知らないと思います。(上高地ではありません)
唯一、この地域に住んでいる地元民しか知らない池です。
d0047078_22384278.jpg

どんなところかと言うと、治水用のせき止め湖です。
有名ところでは、上高地の大正池がありますが、基本的にはそれを小規模にしたものだろうと思います。
と、いうのは上高地の大正池には行ったことがないので想像です。

ともあれ、この池は冬には水を放水するために、ほとんど水がない状態になります。
上高地の大正池の写真で見られるような、立ち枯れした木の先端が水面から見られるところでありますが、この時期に訪れると水は中央を申し訳程度に流れているだけになります。
なんとも殺伐とした風景へと変わります。
d0047078_22393185.jpg

この大正池があるところは、週末になるとハイキングなどを目的にいろんな人がやってきます。
里山というところに分類されていると思いますが、まあ自然を楽しみにくる方も大勢いると思います。
しかし、この殺伐とした風景を見ると、自然と言う言葉に疑問が湧いてきます。

人の都合によってできたダム湖で、冬には人の都合により水を抜いてしまい立ち枯れになった木の全貌が見えます。
しかし 周りには自然があるのは確かではありますが、どことなく違和感を感じさせる風景です。
d0047078_22394955.jpg

もちろん、現代社会の中に生き、またその中でしか生きられない、沢山の自分を含めた矛盾の中で生きている私には、それを批判することをできないと思っていますが、その風景を見ていると、「自然」、「自然を大切にする」という言葉が急に宙に浮いてしまったのではないかと感じることがあります。

ちなみにこの場所は、万博がらみで整備されてから来る人が増えてきたとともに、沢山の立ち入り禁止区間ができたようです。その向こうはただの道なんですが、何故立ち入り禁止になっているのかは良く分かりません。それ以外に危険な箇所は沢山あるのですが、まったく危険でもない場所に柵が沢山設けられたようです。
まあ、私の知らない何かがあるのでしょうが。
d0047078_22401434.jpg

以前は、ほとんど人が来ていない場所でした。
駐車場も数台しか止めれなかったのが、今はおそらく100台は止めれるだろうと思われる駐車場ができています。
それでも昔は勇姿により、いろんな道が整備されていました。
その一部の道は、整備されなくなったようで通れなくなったところもあるようです。

人があまり来なかった時期を知っていると、整備が進んで少しずつ変わっているのでしょうが、非常に強い違和感を感じたりします。

そんな場所で、あるものを見つけました。
足跡です。
何の足跡かは良く分かりませんが、蹄のように見えますので鹿系でしょうか?
それが何を意味するのかは、私には良く分かりませんが、ここにも何かが自然のままに生息しているのを感じられたのは、何か心が救われたように思いました。
d0047078_22404272.jpg

ちなみに他の道で、道がおかしな感じにほじくり返されているところがあるのですが、それも何かの動物なのかと思いました。
きっと、冬を前にして気の根っこの食べられるところをほじくり返しているのかな?
そう思い、何気なく木々の間から見える青い空を見上げて歩きましたら、靴に葉っぱが沢山着いてきます。

なんだ?と思い、葉っぱを取ろうとすると、プ〜ンと匂いがします。
踏んじゃいました。 山の中で・・・・なんて運が悪いのか? いや運がついたというのかも知れませんが、まだ柔らかく新鮮そうななので、それほど時間は立っていないと思われました。
d0047078_22405858.jpg

その靴底を小川で洗いながら、きっとイノシシかなにかが・・・数時間前にこの場所にいたのだろう。
そんなことを想像していました。
[PR]
by squeu | 2013-11-16 22:43 | 雑木林

飛ばしております。

奇跡の連続投稿です。

何故、こんなにペースが早いかと言うのは幾つか訳があります。

1、写真が余っているから
2、時間が余っているから
3、久しぶりに更新しているので、ネタかぶりが少ないから

と、言うところでしょうか?
つまり、少し経てばまた更新が途切れると言うことを暗に言っているだけです。

まあ、それは良いでしょう。
どうせ誰も読んでないでしょうから。

今週に入り、いよいよ冬の様相を呈してきました。
つまり、花や虫を見る機会も大きく減りつつあるわけです。もしかしたら、今シーズンはほとんど見る機会がないのかと思います。
d0047078_224386.jpg

今週も数は少なく、綺麗な虫ではありませんが数種類発見してきました。
いや、別に虫を発見するために、雑木林に行くわけではないのですが・・・笑

それはさておき、まだ朝早いせいか、身体を温めているのか葉っぱの上にじっとしているのいくつか見かけました。
まあ、ハエとかが多かったので、それは貼らないでおこうかと思いますが、アブまででと言うことで、まあそんな決め事は全くどうでもいいことですが、一応ラインということにしました。
d0047078_22432417.jpg

じっと葉っぱなの上に佇む。
きっと、身体を温めているのではないかと思います。
少なくとも私がゆっくり写真を撮れるようにポーズを取ってくれるわけではないでしょう。

しーんと静まり返る冷え込んだ朝、季節の終わりを感じる寒さの中に日が射す葉っぱの上にじっとしています。
これから冬に向けて、活動が停止するのか、新しい命に引き継いでいくのかはわかりませんが、少なくとも自分に命じられた生を必死に生きているだけなのでしょう。
d0047078_22434426.jpg

私たちは日頃、たくさんのことに不平や不満を言い生きていますが、こういった虫達を見ていると、生きると言うことは、ただそれだけであることを改めて感じさせられます。

たくさんの柵があり、たくさんの言い訳があり、たくさんの理由があるようで、実は生きると言うことは非常にシンプルな行動であり、そこには何もない。

日々、生きていくだけ。
d0047078_22435879.jpg

季節が変わり、命が果てていくかもしれないし、冬眠するものもいる。
今日の少ない活動のために、身体を温めてじっとしている。
そして、今日できることをやる。 

日だまりの中で動かない虫達からは、そんな生命のシンプルな心理のようなものを語っているような気がします。
人間から見て、決して奇麗でもなく、ちやほやされる訳でもなく。

自分たちが生きていくために・・・死を迎えるために・・・そこにじっとしている。
それは何よりも、哲学的であるのではないか?
d0047078_22441661.jpg

そんな気がしました。
[PR]
by squeu | 2013-11-14 22:19 | 雑木林

馬鹿猫のせいで・・・・

さて今回は、全開馬鹿猫のせいで似た写真しか撮れなかった散策です。

実は良く行く(行っていた)雑木林には、幾つかのルートがあります。
そのルートにより、まわりに生息している木々が違ったりと、ある意味多様であり、同じ場所に行っているようで、出会うものは違ったりします。
d0047078_2271777.jpg

まあ、問題としてその違いは本人しかわからないレベルであることかもしれません。
馬鹿猫のせいで、全開と同じような時間帯に行くはめになりましたが、いちおうルートは変えてはいます。

しかし、最初に行った時は、こんな寒いのに・・・そう、こちらにも書いたと思いますが、少し慣れてくると、それほど寒いとは感じません。
寒いと言ってもまだ昼間は20度近くまで上がる季節なので、久しぶりに雑木林の温度に驚いたといったほうが正確だったのかもしれません。
d0047078_228019.jpg

しかし、この季節になると、花や虫の数が大きく減ってくるのに変わりはありません。
そして、素人の私に見つけれる虫は、ほんの数えるほどになります。

しかし、足元を良く見れば小さな花が咲いている場所もあります。
花とともに、バッタがいました。

その後は蜘蛛と蛾という全開もお伝えした結果でした。
しかし、蜘蛛が居るということは、まだ餌となる何かはいますので、もう少し見つけれるのかもしれませんが、まあとりあえず、被写体のようなものがあれば、押さえておく習性はまだ残っているようなので、一応撮っておきました。
d0047078_2281842.jpg

一応 断っておきますが、虫好きと一部の方に思われていますが、実はそんなに虫好きということはありません。なぜ虫の写真を撮るのかというと、とりあえず被写体として撮っているだけです。

そう考えると、私が写真を撮る理由と言うものが、あやふやになってくるような気がします。
正直 目的があって撮っているわけではありません。
鳥の写真を撮る訳ではありませんし、自然の美しさを撮っているわけでもありません。
そう言った目的があって、それに機材を合わせていくのが普通だと思いますし、将来的にはそうなるのかもしれませんが、今のところそれほど力が入っていません。
d0047078_2283727.jpg

スナップ的にあるものを撮っている。
それだけなので、なんとも微妙だと思います。

あえて言うなら、子供の時に感じたようないろいろな小さな発見を写真に撮っているようなものでしょうか? ですからまあ、別に写真を撮らなくても感じ方が変わる訳ではないので、形に残る以外、実はどちらでもいいのかと良く思います。

まあ そんな適当な写真ですから、失敗やブレ写真も多くなってしまいます。
でも、今のところそれでいいか! と思っています。
d0047078_228512.jpg

綺麗に言い訳できたところで、今回はここまでと言うことで・・・・。
[PR]
by squeu | 2013-11-10 22:08 | 雑木林

家の超〜馬鹿猫!

家の馬鹿猫シリーズも何回目になるのか、わからなくなっております。
と、言うよりはずっと更新していなかったので、覚えていません。

そこで改めて馬鹿猫のプロフィールを紹介いたします。
d0047078_2211250.jpg

性別 : オス
年齢 : よく覚えていないが7〜8歳
行動 : 家の中だけ

猫の7歳とか8歳となれば、もう結構な歳になります。
おそらく私よりも年上になるのでしょう。
そして、近所に迷惑かけるからと言って、家から出してもらえません。

時々、脱走します。
そして怒られています。
奴ができるのは、ひがな一日ゴロゴロすることくらいなもんでしょう。
d0047078_2213663.jpg

何の楽しみにもなく、猫生を無駄に過ごしていると思うと、少し憐れに感じる時もあります。
ちなみに、私の家の男性は、この猫と私だけです。

そんな馬鹿猫にも、楽しみが一つだけあります。

それは「飯」です。
馬鹿猫の食事は、朝6時と夕方6時の2回です。
それもダイエットとか言われて、量を減らされたりしています。憐れな・・・・奴です。

そして、量を減らされれば、当然食事前に腹が減ります。
d0047078_2215744.jpg

毎日、朝の5時頃からそわそわし始めているようで、こちらが寝ている時に、手を噛んだり、耳元でバリバリと爪を研ぐ音を立てたりします。
酷い時は、10分おきにやるので睡眠不足になります。
正直、眠い時にやるので結構腹立つ訳ですが、こちらが起き上がろうとすると、喜び勇んで食事の場所に走っていきます。

その後ろ姿を見ると、腹は立つものの、なんだか憐を感じたりしますが、5時に食事をやる訳にはいきません。おそろくその時間にやれば、次は4時から起こされることでしょう。

そんなことを3、4回繰り返すと、こちらもだんだん我慢できなくなり、5時40分前後に結局餌をやることになるのですが、餌をやって寝ようとしていると、またベッドにやってきて、手を噛んだり、バリバリをやります。
食事が足りなかったのか思い、餌皿を見に行くと、まだ残っていて、こちらが見ている前で、また食べ始めます。
d0047078_2231752.jpg

わけのわからん行動をします。
馬鹿猫!と、思わず思ってします瞬間です。

そして、先週の日曜日も同じように、奴は早朝に餌を求めてきました。

誰も覚えていないと思いますが、私は先週、今度は昼間に雑木林に行こうと心に決めておりましたので、朝はゆっくり寝ている計画でした。
いつもより早く5時半には、根負けして餌をやり、再びベッドに潜り込むと、また奴がやってきます。

どうしても、憐を感じている私は、少し怒りながらも餌皿の確認をすると、いつものようにまた食べだします。
「くそ猫が〜!」
感情の高まりを覚えた私・・・なんだか目がしまいました。
まだ、朝6時前です・・・・・。

どうにも寝れなくなった私は、再び早朝に雑木林に向かいました・・・糞猫のせいで・・・・
d0047078_223286.jpg

で、結果2週間同じようなものしか撮れないと言う悲しい、しかも誰の目にもわかりきった戦果を引っさげて・・・・もはや戦果とも言えないレベルかもしれません・・・・だって、撮れたのが蜘蛛とか蛾だけでしたから・・・・・しくしく
[PR]
by squeu | 2013-11-06 21:27 | ありふれた日常

季節の終わり

いよいよ季節の変わり目に入ったように冷え込んでまいりました。

既に早朝等は、息が白くなる時があります。
またここ最近、急激に冷え込んで、まだ暑いと感じていたと思っていたのが、冬を感じるほどに肌寒くなりました。
d0047078_23195933.jpg

あちらこちらで、急激な温度の変化に風邪を引いた方もちらほら見受けられます。

とりあえず私は、風邪は引いておりませんが、なんだか肩が凝っています。
これも急激な冷え込みのせいかと少し年齢を感じております。

この季節、いよいよと感じることは、人によりいろいろとあると思います。
残り少ない今年を考える、衣替えや、こたつを出したり冬支度を始める人など季節の変わり目はいろいろとやることがあり、その分感じることも多いのではないかと思います。
d0047078_2320319.jpg

さて、相当長い振りではありますが、私が感じた季節の変わり目は昆虫です。
春夏とたくさんの種類の虫達が入れ替わり、季節を謳歌しますが、この季節はいよいよ昆虫の数が激減してきます。
もちろん花等も少なくなり、一部が枯れたような花等もよく見かけるようになります。
d0047078_23205569.jpg

昆虫は変温動物なので、この温度の変化に関しては私たちよりもよっぽど素直に感じると思われます。
やはりこの季節になれば、もう昆虫はいないな!雑木林を散策しながら、少し残念に感じ始めた頃、ふと数少ない花を見ると、居ました。
えっまだいるんだ。
少し嬉しくなってとりあえず撮影しておきました。
しかしこれで見納めかな?
d0047078_23212396.jpg

それもしょうがないと思った頃、今度は蝶を見つけました。
「う〜ん、まだいるんだ。」
見つけたのは、少し暖かくなり始めた10時から11時頃だと思います。

この季節は、早朝よりも温度が上がる昼間の方が昆虫の活動が活発になるのかな? 
次は、昼過ぎにでも出没してみようかと思います。

と、考えているとトンボがとんで行きます・・・と、いうより飛んでいってしました。
やはり、久しぶりでだいぶ勘が鈍っているようです。
と、言っても完全な自己満足で、そのトンボを撮ったところ誰も褒めてくる訳ではないのですが、何かくやしさを感じるあたりは、もう少し現役でいられるのかな?
d0047078_23213850.jpg

そんな風に思いました。
まだ 紅葉も撮っておりませんので、今年はもう少し写真を撮りたいと思います。
[PR]
by squeu | 2013-11-02 23:21 | 雑木林