<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

10月末に咲く花

ネタがまだ残っています。
とりあえずあるうちに投稿していきたいと思います。

今回も久しぶりに行った雑木林の続きです。
d0047078_22413994.jpg

10月末の早朝ともなると、だいぶ冷え込みます。
まあ、この季節、花も虫もほとんどいませんので、撮るといっても非常に地味な被写体しかありません。
しかし、地味に関して思い起こして見れば、常日頃からメジャーな撮影対象を撮っているわけでもありませんので、基本どの季節の写真も地味な私です。

そんなことなで、撮影に行く前は、今の季節に行ってもな! と少し躊躇いたしましたが、まあ、久しぶりだから散歩がてら行けばいいと思い直して現地に赴いたわけです。

いいんです。
どうぜ道端のどこにでもあるような雑草を撮っているだけなので、誰にも褒められることもありません。どれだけ葉っぱを撮っても、葉っぱは葉っぱなんです。

まあ、言い訳っぽい愚痴はこのへんにしておいて、散策を始めると、幾つか歯の抜けた小さな花がありました。
d0047078_2242052.jpg

きっと、もうこの花の寿命もあとわずかなのだろう。
そんなことを考えると、決して綺麗とは言えないその姿にも、なにかしらの哀愁と意味を感じます。

しかし、歩いて行くうちに、まだ幾つかの雑草が花開いています。
ふと思い出してみると、10月末でも咲いている花はあったことを思い出します。自分でそんなことも忘れていたのかと、少し驚きながら、それでもこの冷え込んだ朝にまばらに咲く花の生命力には魅せられるものがあります。
d0047078_2242301.jpg

当然、何枚か写真を撮りますが、自宅に帰るとやっぱり地味です。
そりゃそうです。たかが道端に映えているどこにでもある雑草ですから、しかし、私自身もその花とどれだけ違うかと考えると、何も変わりはしません。
それどころか、この寒い朝に見向きもされない道端で、朝露に濡れながら毅然と自分の生き方を全うしていると考えると、ある意味、この花は私以上の強さと自己を持っている気にさえなってきます。
d0047078_22424480.jpg

人にも花にもそれぞれの生き方があります。
綺麗な人や花、格好いい人や花、頭のいい人や花、でも誰しもがそういうわけではありません。

「それでいいのだ!」
d0047078_2243224.jpg

可笑しなことだとは思いつつも、何か一人で納得した、そんな朝でした。
[PR]
by squeu | 2013-10-31 22:43 | 雑木林

飽和する朝の光

こんばんは

久しぶりにコネタがあるので連投です。
コネタと言っても、この間雑木林に行った写真があるので、その処分と言えばそれまでですが、少しの間はこのネタで行けそうです。

さて、本題です。
d0047078_22464100.jpg

前回結構人がいたというお話をしたと思いますが、私が行った時間が早かったのと、あまり人が来ない方にいったので、途中ではほとんど誰とも会いませんでした。
少し大袈裟な表現のように思いますが、久しぶりに少し静かな時間を過ごした気がします。
d0047078_22463160.jpg

薄暗いうちに出発しましたが、現地に着いたらもう夜は明けていました。
それでも森の中は、ところどころ薄暗く、朝がまだ完全に明けていないように感じます。
冷たくなった空気を全身に感じながら、自分の足音だけが聞こえてきます。

自然の中には何か得体の知れない者が潜んでいる。
そんな話は、良くあります。もちろん大人の世界では、そんな話はありませんが、例えば「モリゾー」「キッコロ」などが、良い例なのでしょうが、そんな何者とも知れない気配のようなものを少し感じます。
森の中には、そんな気配が充満してます。
d0047078_22474958.jpg

薄暗い森の中に入って歩いて行くと、少しずつ昇り始めた太陽の光が、葉っぱの間から漏れてきます。
その光は、薄暗い森に命を吹き込んでいるような、物語を見ているように生き生きと踊っているように見えます。
そしてゆっくりと少しずつ、少しずつその光の量が増えてきて、いろんなところで朝の光がはしゃぐように踊りだすと、今まで聞こえていた森の吐息のような音にならない音が消え始めて、全ての活動が再開するような別世界が幕を明けます。

その光は、やがて薄暗がりと明るさが入り交じりながら、至るとこにコントラストを付けて光が飽和し始めます。
この季節は、あまり花や虫の活動がありませんが、春や夏ならば、閉じていた花が開きだし、虫達が活動を始めます。
やがて、光が飽和して森の中を駆け巡りだすと、静かで薄暗かった森が、昼の顔に変わります。
d0047078_22471975.jpg

私が行かない間の何年間、ここではこの営みがずっと繰り返されていたのでしょう。
時間の流れとともに変わっていくもの、変わらないもの、それがここにはあるように感じました。
[PR]
by squeu | 2013-10-29 22:48 | 雑木林

久しぶりに写真を撮りにいきました

何年ぶりになるのかな?

きっと3、4年ぶりであると思いますが、久しぶりに昔良く言っていた里山にカメラを持っていってみました。
d0047078_21462293.jpg

久しぶりのせいなのか? ほんとにそうなのか?良く分かりませんが、少し変わったように感じられました。
と、言うのも、昔はあまり草が多くない場所に草が多かったり、シダ系が増えていたりと記憶と違うように感じました。

また、ほんの少しではありますが、昔よりも整備されているように感じ、またただの道なのに立ち入り禁止になっていたりと、そんな違和感を感じながら散策をしました。
というよりも、もっと危険な場所が一杯あるのに・・・と、不思議に感じるところでした。
d0047078_21465270.jpg

まあ、例の万博の後人もたくさんくるようになったので、そういう感じの管理になって来ているのかもしれません。
昔はただ道があっただけのような気がします。
ちなみにそこは幅4メートルくらいある砂利道ですので、何が危険なのかさっぱりわかりませんでした。
上で危険といってるのは、幅20センチ以下のちょっとした崖のようなところもたくさんありますので、今ひとつ危険の感覚がわかりませんでした。

まあ、ともあれそんな風に変わったところもありますが、あまり変わらないと感じるとこも沢山あり、やっぱりたまにはいいなぁ〜。そんなふうに思っていました。
d0047078_21472247.jpg

現地に着いたのは、恐らく朝の7時前だと思います。
人もほとんどいないので、もう人気もなくなったのかな?
そう少し嬉しく感じました。
万博をやる前は、ほとんど人が来なかったところでしたから、昔に戻ったように思いましたが、しかし帰りには車が40台以上留まっていました。

まあ、それはそれで仕方の無いことなのでしょうが、人のが居なかった頃を知っていると、あまりたくさん人が来ない方が、いいなぁ! そんな風な我がままを感じてしまいます。

しかし、マナーのいい人が多いようでゴミもほとんど落ちていない状態なので、何も問題がありませんし、私もその中の一人でもありますので、文句を言える立場ではありません。

しかし、久しぶりに行って、もう一つ思い出したことがあります。
この季節撮る物がない・・・・と言う大切なことを忘れていました。

で、ろくな写真はありません。 まあ撮る物があってもろくな写真がないのはいつものことです。
そんな感じでくるっと一回りしました。
d0047078_21474240.jpg

急に冷えてきたと感じる朝でした。
[PR]
by squeu | 2013-10-27 21:48 | 雑木林

ええ〜、出張すか?

こんばんは

いつもご無沙汰過ぎて、一体いつ更新しているのかわかりませんが、少し目新しいことがあったので書いておきます。

タイトルを見れば、分かると思いますが、明日の日曜日から出張に行くことになりました。
場所は、フィリピンです。
d0047078_22443545.jpg

またか?

そう思われるかも知れませんが、たぶん4、5か月は行ってません。
もう二度と行くこともないと思い、家族と日本の生活を楽しんでいる(本当か?)最中に突然舞い込んだ出張でした。

あれは、木曜日の恐らく15時過ぎでしょうか?
実は、金・土曜日と新潟に出張に行くことになっていて、ホテルも向こうでのレンタカーなどの手配も済まして、後数時間でほぼ今週も終わりと思っていた時でした。

「日曜日から出張行ってくれ!」
「ああ、新潟ね。もう全部手配してるから大丈夫だよ。」

心軽やかに答えました。
「いや、フィリピン」
一瞬絶句してから、
「俺新潟行くから無理」

それで一旦は、再来週の日曜日ということになりました。
が、少し理解し難いことでしたが、どうしても今週に行かせたいらしく、結局、新潟はほかの人に渡してフィリピンに行くことになった次第です。
d0047078_22445542.jpg

しかし 今でも府に落ちません。
だって、ほとんど出張の用意する時間もありません。
そりゃ、それなりに資料揃えたりとかやったほうがいいに決まってますし、どうせ行くにしてもその方が、具体的な内容になると思うのですが、それほど急がして何か意味があるのか、完全に理解を超えています。

一説には、上司の社長へのアピールのために迅速な対応をとった形にしたかったのではと聞きましたが、なんとも馬鹿らしいと言うか、無意味な判断と言うか・・・とは思う物のそこはサラリーマンの悲哀でございます。
大人しく出張に行って参ります。

フィリピン、それも完全な準備不足・・・・いや〜、行きたくない。
d0047078_22451548.jpg

ちなみに昨日は、社長への出張の内容説明の資料を作っていました。
で、出張用に資料はほとんど用意していません・・・まあ、なるようになるでしょう。

と、言うことで開き直っております。
[PR]
by squeu | 2013-10-05 22:45 | ありふれた日常