<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

感覚の違い

自分の感覚が正しいものとして、通常人は生きています。
当たり前のことではありますが、これは非常に大切なことであるとも思われます。

何故ならこの感覚自体が、人の相性、人付き合いをして行く上で重要な役割を果たすからでありますが、それはときに常識という言葉に置き換わっているときもあるようです。

そしてそれは生きていく上、特に人付き合いの上で非常に重要で人によってはゆるぎないものと感じている人も多くいることでしょう。
d0047078_21574117.jpg

しかし 海外に出ると日本の常識というものは通じないと言うことが時には起こります。
その違いに起こる人もいれば、そのまま溶け込んでいるタイプの人もいるようです。

そんな ちょっと不思議に感じた話を少し・・・・・・

フィリピンには、沢山の人たちが住んでおりそれぞれの状況の中で生きています。
裕福な人・普通の人・貧困を抱える人・それ以下の人たち・・・それぞれの常識の中で生きていますが、面白いと感じるのは、それぞれの常識をお互いが許容しながらある意味で共存しているところがあります。

その区分けや感覚的に理解しているかと言えば、それほどでもなくなんとなくこんな感じか程度ではあります。

私がお世話になっている会社には、掃除の人がいます。
この方は掃除だけを専門にする人になりますが、日本なら圧倒的に年配の女性が多いところですが、こちらでは女性もいますが男性もそういった仕事についています。

当然 フィリピンの最低賃金に属する人たちになるのだと思います。
実際の賃金も以前確認しています(仕事がらみで)が、正確には忘れました。

そして男性と言っても、20代の健康そうな男性がやっているケースも多くあるようです。
別にと言えばそうかもしれませんが、日本ではまず見られない光景です。
日本で見られないわけを少し考えると、そこには常識や当たり前の世界が大きくずれているという事に気づかされます。
d0047078_2158209.jpg

ちなみにそいつは、体格もよくヒゲをはやしています。
例えば軍隊にいても何も違和感を感じないようなタイプ(マッチョではありません)です。
当然 日本ではありえないことです。
そして、毎日毎日掃除だけを永遠にやっています。

もし私たちがそういう仕事をしなければならないとしたら、私たちはどう感じるか?
そう考えると、日本人の気持ちでは非常に陰鬱になるのが普通と思いますが、それが実に明るいし他の人とも普通に会話をして楽しそうに笑いながら仕事をしています。

自分は自分であることが、許容されている世界なのかも知れませんが、これは我々にとって驚異的なことであるように思います。

フィリピンは、仕事がなかなか無い国といわれており、出稼ぎが多い国ですので仕事があることがありがたいと感じる側面はあると思いますが、そこに悲壮感のかけらも感じないのは正直「すごい」と思います。

もちろんそれは表面的な話なのかも知れませんが、毎日顔を合わせますので多少話したことはありますが、そこには日本が持つような悲壮感や屈折はなく、なにかあっけらかんとしていました。

そして、もう一つおどろいたのは、彼のトイレの掃除方です。
日本のトイレ掃除といえば、長靴とマスク、そして長いゴム手袋を使用しています。
それはトイレに対して、汚い・不浄であるという感覚的なものもあるのでしょうが、もし自分がやる事になればやはり同じように感じると思います。
d0047078_2215425.jpg

しかし彼の掃除方法は、少し違っています。

いつものようにトイレに行こうとすると、トイレの前にスリッパが揃えておいてありました。
「一体 なんなんだろう?」
そう思いながら、トイレのドアを開けるとそこには、裸足でモップを持った彼が明るい笑顔で
「Good morning, Sir!」
と、人懐っこい笑顔で声を掛けてきました。

「おおー!」
と、心の中でおどろきながらも普通に挨拶はしましたが、床一面に水をまいて、モップで掃除しながら素足でそこに立っている彼は、まるで子供が水遊びをしているようにも見えました。

トイレを使っていいと言うので、とりあえず用を足したのですが、床の掃除を終わった彼は今度は私の隣の便器を布掃除を始めていますが、もちろん素手です。

そして、掃除をしながら時々こちらに人懐っこそうな笑顔を向けてきます。
とりあえず微笑み返しましたが、心の中では一体なんなんだろうか?
もちろん トイレに対する感覚の違いと言うものは、当然あるのでしょうが、それにしてもこの屈託の無い笑顔に何か底知れないものを感じました。

ふと、「常識とはなんだろう?」、そんな疑問を考えざるを得ませんでした。
d0047078_2159058.jpg

あれから2年、今も彼は楽しそうに素足でトイレ掃除をしています。

*とくに年齢を聞いたことはありませんが、彼はおそらく20代前半、元ラッツアンドスターの鈴木雅之似の色黒で元気な若者です。
[PR]
by squeu | 2013-02-26 22:02 | ikokuにて・・・ | Comments(0)

少しずつカウントダウン

実は後、1月と一週間でフィリピンとはおさらばです。
d0047078_20373590.jpg

まる2年間いた事になります。
いろいろとあったと言えばいろいろとありましたが、名残惜しいかと言われると、まだまだそんな気持ちにはなりません。

きっと、もうすこし時間が経てば、そう思うようになるのかも知れませんが・・・。

今回も特にネタはありませんので、フィリピンの不思議について書きたいと思います。

私達日本人が、現地に行くとこう呼ばれます。

「Sir.」

まあ 普通知らない人には敬称としてSirを付けると言うのはありますが、他にも理由があります。
それは日本人が管理側の人間であると言う事からです。

フィリピンは、階層社会と言っても過言ではないと思います。
d0047078_20381717.jpg

金持ちの子供は金持ちです。
小金持の子供はやはり小金持になる事が多く、庶民の子供は庶民、そしてスラムの子供はやはりスラムで暮らし、ストリートファミリーの家族はやはり将来においてもストリートで暮らす事が多いようです。

もちろんそれが全てではないと思いますし、またそう信じたくもあります。

何故 こんな事が起きるかと言うと、教育にお金が掛かるので、それを捻出できるかどうかというのも非常に大きな問題であると思われます。
所謂、「貧困の連鎖」や「貧困の相続」と言う問題です。

しかし 不思議なのはそれ程はっきりと分かれていても、お互いに気軽に話をしているところを見ると特に、それによって差別などは内容に感じます。
d0047078_20385190.jpg

しかし実際、例えば結婚などは同じ家格の家以外との結婚はなかなか大変なのが現実のようです。

何故かと言うと、こんな話を聞いた事ないでしょうか?
フィリピンの人と結婚して親戚まで面倒目て云々とか・・・・。

これはどうも日本人だから起こる現象ではなく、同国人同士でも事情は全く同じであるようです。
つまり、家格が合わないとお金の話もそうだし、同じレベルの付き合いが出来ない。
また フィリピンは離婚がなかなか出来ない国でもありますので、その辺り慎重にならざるを得ないのかもしれません。

つまりそう言う国民性を持った人達と言う事になります。
逆にフィリピン人と結婚して、現地で破産したりする日本人もいます。

「金の切れ目が円の切れ目」
と、言う言葉があります。

日本であっても一家離散になるケースが非常に多いと思いますが、ところ多くのフィリピン女性は一文無しに成っても離婚せずに日向に日陰にその男性を支えるタイプが多いようです。

つまりお金があればみんなに分けなければならないが、お金がなければ誰かから援助してもらえるのが当たり前の不思議な社会です。

ある意味、愛すべき国民性とも言えるのかもしれません。
d0047078_20392783.jpg

もちろん、それはフィリピンの奥底まで突っ込んだ人でないと体験出来ない事ですので、私のような表面を通り過ぎるだけの人間が体験できる事ではありませんが・・・・

おわり
[PR]
by squeu | 2013-02-23 20:41 | ikokuにて・・・ | Comments(4)

17歳の少女

ひょんなことから17歳の少女と知り合った。
知り合ったと言っても、それほど良く知っているわけではない。
ほんの表面的にだけである。
d0047078_21422174.jpg

フィリピン等アジアが非常に混沌とした部分を持っているのは誰でも知っていることだが、それに触れる事はなかなかできないし、一般の会社員となると生活圏が違ってくる為になかなか知ることは出来ない世界と言うものがある。

ただ そう言った趣味や目的で海外旅行する趣味でもあれば別であろうが、あまり一般的な世界ではないように感じる。
ただ、情報だけは知っていた。

もともとは、出張者が来たときにオープンバーへ飲みに行ったのがきっかけである。
そこは15,6件のバーがオープンスペースに、椅子やテーブルを出して飲む非常に快適な空間であるが、そういった店にどの店にも必ず一人のゲイかレディボーイがいて、その場を盛り上げている。

まあそのゲイが、女は要らないかと言う話になり、そして来た女性が彼女だった。
一応 私は断っているので、同僚への紹介と言うことであるが、最初は19歳だと言っていた。

そんな事から、あまりにも言葉が不自由な同僚の為に連絡役として私の携帯電話が利用された。
ちなみに私も十分に不自由なうちの一人であるのだが・・・・。

その後同僚の出張が終わった後も、商売熱心なのか、時々にメールが来る。
そんな表面的な知り合いだ。

何がきっかけだったのか・・・確か誕生日か何かであった気がするが、彼女が現在17歳であることを知った。
もちろん同僚には、犯罪者になったことに関して、お祝いのメールを入れておいた。

しかし 考えて見ると私には来年高校生の娘がいる。
その娘と比べると2、3歳しか違わないのである。

何故?
d0047078_21435415.jpg
当然のようにそんな疑問と興味が起こってくるが、だからと言って私がどうする事も出来ないことだし、正直どうする気もない。
よそ者が、言ってもそれは大きなお世話であるであろうと思われる。

彼女の話では、イタリアンレストランで働いていて、時々そういった仕事をしているようである。
そして現在、高校を休学して、お金をためて復学する予定らしい。
実際 同級生という女の子にも会った・・・が、それがまた本当に子供で家の娘よりも子供に見えるくらいである。ただ本人は19歳と言われれば、そうかと思う程度であるのだが。

こんな詮索は本当に大きなお世話であると思うが、なにげなく興味を持ったので、一度紹介したゲイボーイに、イタリアンレストランで仕事を本当にしているのか聞いてみた。
はっきりと言わなかったものの、答えはどうも「NO」であるようだった。

もちろん だからなんだと言う事ではないのだが、時々何か辻褄が合わないように感じたので聞いてみた程度のことである。

そして現実の世界には、そんな状況などいくらでもある。
もちろん、それほど沢山の事実を知っているわけでもないが、そのゲイボーイの知り合いだけでも16歳から十数人は呼べるそうである。

彼女が何故、そういう仕事をしているのかなど分らない。
聞いてもお金と言うだけだろうし、別に彼女と関係を持ちたい分けではないので客でもない、実に微妙な関係で十分であると思っている。

しかし、フルネームを聞くと韓国とフィリピンのハーフであるようだ。いわゆる「コピノ」となるのだろうが、それを考えると家庭の事情というものもきっと複雑なのであろうと思う。

そして、彼女が話していた親の話も、どこまで本当であるのか怪しいものであるとも思う。

でも、それはそれでいいのかと最近は思っている。
どういう理由であるにせよ、人には言いたくないこともあり、少しかっこいい事を言うためや体裁を取り繕う為に嘘をつくことだってあるだろう。

ただそれだけの事のように思う。
言いたくなくことを無理に言わせてどうするのか?
通給したところで、何も意味はないだろうし、ただ少し興味を持っただけの無責任な立場である。
まして 複雑な家庭に育っていればよりそうであろうと思う。

それにしても、家の娘と彼女との違いは一体なんであるのか?

生まれた家庭のなのか?
国なのか?
環境なのか?
d0047078_21425880.jpg

きっとそれらの複合的な違いであろうと思われるが、その中でいろいろな選択をして生きていく。
それは大人も17歳の少女も何も変わりがないのであろう。

そんな奇妙にも思える日常が今日も流れていく。
[PR]
by squeu | 2013-02-20 21:44 | ikokuにて・・・ | Comments(2)

ほんのフィリピンの事情

世の中 光があれば陰ある。
と申します。

今フィリピンの景気は上向きで経済は好調です。

しかし、その一方で未だにたくさんのストリートチルドレンがいます。
正確な数字はわかりませんが、一説では30万人以上と言われています。
ストリートチルドレンだけでです。

その他にもストリートで生活する大人やストリートファミリーと呼ばれる人達、そしてその上にスラムと言われるところに住む人達がいます。

d0047078_1706100.jpg


路上で暮らし人達の合計だけでも、想像がつかないのが現実です。

街を歩くと、どこの街にもストリートチルドレンがいます。

ストリートチルドレンは、物乞いをしていたり、直接お金をせびったり、物を売ったりしてその日の食費を稼いでいるようですが、もちろん充分な栄養を取れる環境ではありません。

しかし、南国であるこの国では、雨が凌げれば一年中生活に困らないという事情も街角で暮らす人が多くいる理由であると言う人もいるようです。

明るい国民性など特色がある国ではありますが、実際のところ、ストリートチルドレンがそんなに明るい生活をしているわけではないのは言うまでもありません。

時には犯罪に巻き込まれたり、薬物を使用している子供も多くいるようです。
また路上生活であるので、大人からの悪戯やペドファイルの対象にされたり、また人身売買される事もあるようです。

d0047078_1711072.jpg

この問題は、この国の構造に大きく起因する問題であり、個人では解決する方法というものはないのだろうと思いますし、何よりも犯罪の温床となっていることが多い場所と言うのは、普通の人は入って行けないものです。

そして、この国だけではなく新興国と言う多くの国が、同じような問題に直面している事実を知ると、とてつもなく大きな問題であることが分かってきます。

現在、地球の人口の約30%が、絶対貧困層に分類されるそうです。

そう言った海外の事情を少し知る機会があると、自分が日本人であり、不景気とはいえまだまだ恵まれた環境で生きている人間の一人であることを実感します。

つい先日も自宅に電話をすると、子供が3DSを買ったとかで今一生懸命やっているようです。

産まれたところの違いなのか?
運命なのか?

それは良く分かりませんが、人間の生活や環境と言う物は、本当に大きく違っている物だと実感するこのごろです。
[PR]
by squeu | 2013-02-17 17:01 | ikokuにて・・・ | Comments(0)

久しぶりすぎる更新・・・

こんにちは!

久しぶりの更新です。
が、次に更新はまったくお約束できませんが、ある板で更新しろと言われたのでなんとなく更新いたします。

で、ネタがネェ〜.。゚+.ヽ| ゝ∀・*|ノ。+.゚ イイ!

って、ことで、また・・・・

d0047078_10352422.jpg



と、言うのもなんなんで近況でも・・・・

まあ なんです・・・・・・ネタがない・・・・。


そうそう、今海外に飛ばされておりまして、一応後少しで帰国ができそうです。

そして聞くところによると、今は日本は冬!
とても寒いらしいと言う事ですが、こちら(フィリピン)は、今日も真夏です。

こちらにいると季節ってものを忘れます。
なんせ一年中、半袖半ズボンで過ごせるところですし、一年中果物が採れるようです。

まあ 今後ももしかしたら更新しるかも知れませんので、その時はみなさん宜しくお願い致します。

みなさん・・・誰もみてねぇか・・・・_| ̄|○ ガクツ・・・・
[PR]
by squeu | 2013-02-17 10:35 | ikokuにて・・・ | Comments(0)