<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ふう~・・・・

 ただいまっす!

ええ 帰ってきましたとも・・・やっと 帰ってきました。・゜・(/Д`)・゜・。うわぁぁぁぁん
d0047078_22582471.jpg

えっ 本当は帰りたくなかったんじゃないかって・・・・・・

まっ そう言われれば久しぶりに家族と離れてのんびりした気もしないでもないですが・・・・って ちが~う!

何を隠そうこのsqueu家族を常に一番に考える男で御座います・・・ええ たぶん・・・・まあ 少し自身がないかも知れませんが・・・・・・・。

と、今回は自己反省をしようというのではなく、久しぶりに日本から明るくお送りするつもりだったのに・・・・何故???
d0047078_2259621.jpg

あっ そこ 変な突っ込みはしないようね!(厳重注意)

とは言え 本当に久しぶりに日本の空気を吸うと体が良くなるように感じます・・・ちなみにマジです。
まあ ほとんど笑い話状態ですが、セントレアで空気を美味しいと感じてしまいました・・・笑

もちろん その時あの空気はなんだったのか?

と、妙な疑問を感じたのは言うまでもありません。

ちなみにその他の体調の異変も日本ではありません・・・何故か・・・・。
d0047078_2312736.jpg

あちらから持ってきた服は、妻の手で再洗浄となりましたが、

「なんで全部黄ばんでるの?水は黄色くなるよ?」

と、良いながら洗っておりました。(もちろん 洗ったのは我が家の洗濯機ですが・・・)

しかも水道の水が飲める・・・変な味もしないし・・・これが意外と感動しました。

日本はいいなぁ~と、つくづく感じた瞬間でもあります。
d0047078_22594672.jpg

もちろん 我が家もなかなかで、

寒くても暖房はちゃんとできるし

食べるものの心配も無し

風呂はちゃんと入れるし

子供は一回り大きくなっても親をわすれていないようだし

猫は丸々と太っているし(妻は冬毛だといってますが絶対違います)

嫁の服は何故か一杯増えているし

いつのまにかピアノ買ってるし・・・・

って、いくらするの?

あなた 上海から電話かけた時、長期海外行ってる割りに給料少ないんじゃない!ってそう文句言ってたでしょ・・・・(T-T )( T-T) ウルウル

やっぱり どこにいても前途多難を予感してしまう私でありました・・・・・。
d0047078_230439.jpg


改めまして、みなさん 今年一年大変お世話になりました。
また 不定期なブログにもかかわらず コメントいただきました皆様、閲覧して頂きました皆様この場をかりて改めて御礼をもしあげます。
コメントいただきました皆様には、お返しのご訪問もほとんどせずに大変失礼致しました。
この場を借りて謝罪いたしたいと思います。
が、謝罪は致しますが、この不精は性格ですので恐らく来年も無礼なままだと思いますこと、来年の分まで先に謝罪させていただきます。

ともあれ 皆様にとって来る年が良い年になりますように祈願して今年のブログ納めにさせていただきたいと思います・・・まあ 祈願するだけでなんの足しになりませんが・・・笑

では、良いお年を!
[PR]
by squeu | 2007-12-31 23:02 | ありふれた日常

後少し・・・か・・・。

みんさん こんばんは

 私の上海生活がもう少しで終わろうとしています。
d0047078_12415147.jpg

4ヶ月・・・あっという間の気もし、また短かったような気もします。

実際はまるまる4ヶ月ではありませんが、それでも日にち直すと115日くらいになると思います。
今回は、実に一年の三分の一を出張していた計算になります。
その前の出張から計算にいれると一年の内おそらく155日間ほど上海に滞在した事になります。

考えてみれば、ここ3年ほどは一年の半分は日本にいない気がします。
まあ いつの間にか成り行きでそんな風になっていたというのが、事実なんですが。
d0047078_1242879.jpg

この4ヶ月どうだったか?
そう聞かれれば・・・・苦しくもあり、楽しくもあり、また辛くもあったと思います。

実際 4ヶ月もいるといろいろな事が起こります。

出張というと、表面的に羨ましがったり、かっこよく思われる方もいるでしょうが、それはほんの一部の出張者に当てはまることで、恐らくほとんどの方は結構苦しんでおられるのが一般的な気がします。(私の会社だけなのかもしれませんが・・・笑)

私たちの場合は、基本的にまったく別資本の会社に出張することがほとんどです。
仕事は通常の業務をするわけではなく、大体下記のバターンとなります
d0047078_12425225.jpg

1、何か問題のあった時の解決に向かわせられる。
2、新たに何か教えに行く、若しくは作りに行く。
3、現在の状況の指摘・改善

まあ 大体そんなところだと思いますが、それを期限付きでやらなければいけないのが現実となりますので、気持ち的には常に崖っぷちに追い詰められた小鳥ちゃん状態である訳です。

もちろん別会社ですのでそれなりの自負も蓄積もあるわけですので、その問題点を指摘するような場面になるときなどは、真正面から反発されるわけです。
しかも 指摘ならまだましですが、改善となると反発されて「そうですか。」とは、言えない状況に追い込まれますので、それをめぐりにらみ合いになることもしばしばあったりします。
しかも 多勢に無勢であちら数人は必ずいるのに大して、私の場合は間違いなく単独となります。
d0047078_12433518.jpg

で、仕方なく改善に持っていくプロセスとして、データ取りをして検証し証明していくとパターンになるわけですが、自慢じゃありませんがそんなノウハウなど教えて貰った事もなければ、知識もありませんし、そんな仕事は今までやったことがないのが事実です。

ようするに結果が見えない状況で進めていくという 恐ろしく綱渡り状態が出張中永遠に続くわけです。

当然証明してもそれだけで終わるわけにはいけませんので、その後改善の対策を作って、手法を納得させて実施させ 今度はその効果の検証をすることになります。
もちろん 納得させる為には対策後の効果を最初に提示するのは言うまでもありませんが、正直いうと 

「そんなもん数字で出せるかぁぁあああ!!!」

と、いうのが本当のところです。(でも まあ一応出しはしますが、やっている本人がわかっていないのが本当のところですので・・・笑)
d0047078_12443581.jpg

逆にいうとその数字と検証の結果を 自分の会社と対策した会社にモニターされるという、つまりやればやるほどどんどん自分を追い込んで行く事になるという最悪の悪循環の中で日々過ごすことになります。

まあ 仕事なんてそんなもんかもしれませんが、それに対してアドバイス一つもくれないのが私の会社です。(本当のところは誰もわかっていないだけのような気もしないでもないですが・・・笑)
特に今回は、報告すれどそれについて誰一人返信しやがらない状態で、全くの孤立状態というか 会社から完全放置状態の4ヶ月でした。

そんなこんなであっと言う間に4ヶ月が過ぎた気がしますが・・・・
(実際は、まだ最後の締めと今後の計画を作らなければいけないので最後まで追い込まれるという悲惨なパターンとなっています。)

まあ それでも4ヶ月も同じところに棲み 毎日別会社とはいえ通勤していると、その生活が終わるというのは何か感慨深いものを感じます。
d0047078_12451623.jpg

何か気持ちの中の一部が無くなってしまうような・・・・・・
[PR]
by squeu | 2007-12-23 11:20 | ikokuにて・・・

お水な話・・・・

こんにちは

今回は過激なタイトルでお送りしたいと思います。
d0047078_2014369.jpg

「お水」と、聞いて夜のネオンを思い浮かべたあなた!あなたは間違いなく「オヤヂ」です。
私も男ですので、それをとやかくいうつもりはありませんが、とりあえず 思い浮かべた方はコメントにてカミングアウトして下さい。


さて 今回の「お水」は飲むほうの水の話をしたいと思います。
海外旅行をされている方がほとんどであると思いますので、海外の水道の水が飲めないの知らない方は今はいないと思います。

「買えばいい!」

そうなんです。全くその通りなんですが・・・・この買うという行為やってみるとなかなか面倒臭い!
d0047078_20143868.jpg

例えば あなたの部屋の水道が夜10時に理由もなしに止まったとしましょう。
ちょうどあなたは、喉が渇いている。
水でもお茶でも飲みたいと、思うとします。
さあ あなたならどうする!!!
「コンビニ?」そういう手もあります。
でもコンビニが歩いて10分~15分くらいしないとない、しかも寒い夜であれば・・・これが意外と面倒臭い!

それが毎日(大袈裟)水の恐怖となって襲ってくるわけです(本当は襲われてはいませんが・・・笑)

しかし 赴任されている方も当然ですが、長期の出張をする場合食事も常に外食する訳にはなかなか行きません。
d0047078_20153558.jpg

実際会社がそんなに沢山のお金を出してくれるわけではないケースが多いと思います。
特に私の会社は・・・・・

と、なると必然的にある程度自炊をしなければならなくなります。
米を炊く・・・もちろん水道水など使えません。
これが結構大量の水を消費することになります。
しかも その水は買わなければなりません。しかも手で持って帰るという悲惨な目にあうこともしばしば・・・・
もちろん私の部屋にはウォーターサーバがありますのでいつもそんな目に合うわけではありませんが、それでも仕事から帰ってはたと気がついたときは水がない・・・そんな経験は一度や二度ではありませんし、休日もまたしかり、水を配送してくれるアパートの管理会社はえらそうに土日休みです。
必要なときにやっていないんです。まるでほんの少し前の日本の銀行のようなものです。

日本的には、少しくらい水道水と思われる方も時には思われる方もおられるようですが、そんな事はとんでもない。
d0047078_20161858.jpg

正直それは命がけの行為となります。と、いうのは大袈裟ですが、間違いなく体調の異常は覚悟してからでないと出来ません。
それに加えて市水で炊いた飯はまずくて食えません。

注).飯がまずいのは結構よくある話で、においも場所によっては結構強烈です。
私の会社の同僚などは、白いご飯はまったく食わなかったします(中華系では)。というか、匂いが駄目(高級料理店でも)で食えないそうです。私は基本的に食います。現地の方が行く普通の食堂に普通に出てくる冷えたご飯も食えます。但し相当強烈です。

なんといっても現地の方も絶対口にしないのですから。

そうそう水と言えば、まだ記憶に新しいと思いますが売られている飲料水の50%は市水であったことが報道されていました。
もちろんそれは違法行為なんですが、ここにいると一体違法ってなんなんだろう?

そんな疑問が時々頭をよぎりますが・・・・まあ これは永遠の疑問かもしれません。
それにしても50%という数字がよっぽど好きな国のようです。
d0047078_20182221.jpg

違法の報道があると、何故か違法率が50%とういう報道がやたら多い気がします。
正直 その数字の信憑性はどうなんだろうと疑う日々であります。

まあ それは遠い地方の話であろうとピンと来られない方も多いと思いますが、何を隠そう上海市の飲料水の事件だそうです。

なんでも飲料水を飲んで家族で病院送りになって訴えを起こされた方もいるようです。(これは中国の方です。)
現地の方でも飲料水で倒れるくらいですから、我々は絶対市水なんて飲まないほうがいい例でもありますが、金を出して買う飲料水も結構危なかったりします。

飲料水の違法販売業者の中には、小学校の校長もいたようでインタビューでは

「うちは昔からこれで問題を起こした事はないので問題ない!」

というコメントだったそうです。
d0047078_20131151.jpg

日ごろ会社とアパートの往復で普通に生活できていると感じますが、今回は目に見えず潜んでいる危険な部分もあるというお話でした。
[PR]
by squeu | 2007-12-16 19:20 | ikokuにて・・・

禁断の話

またまた更新します。

しかし 最近ちゃんと更新しております・・・・珍しい

えっ 暇?
d0047078_196730.jpg

まあ はっきり言って暇と言えば、暇です・・・しくしく・・・金無いし・・・・森無いし・・・・。
と、言っても生活に困っているわけではありませんのでご心配なく。

さて 今回は禁断の話題に入りたいと思います。

禁断といっても18禁とかそういう意味ではありませんが・・・一部その類の話に及ぶかもしれません・・・まあ 女性ファンなど皆無であろう私は怖いものはないわけで・・・ハッハッハ

そんな自虐的な話はほっておいてさっそく本題に入りたいと思います。
d0047078_1963543.jpg

中国・・・そこは悠久の大地・尽きることの無い神話と歴史・世界でも屈指の食文化を有する国そして、世界でも最高水準のコピー大国でもあります。

街の角で繰り広げられる違法コピー商品の数々、しかし最近でも政府の方針で一部ブランド品に関しては、取り締まりも厳しく多少なりとも数は減って来たようであります。

が、そこはそこまだまだ行くところに行けば当たり前のように堂々と商売しております。

その中でも特に数が多いのはやはりDVD系でしょうか?

著作権?果たしてこの国の方にそんな意識はあるのでしょうか?
もちろんほとんど方にはそういう意識はないと思います。
d0047078_197199.jpg

それがいいのか悪いのか?結論は別として たくさんの国でそれが行われているのもまた事実であります。
そこの問題は、将来の中国政府の対応にお任せしたいと思います。

今回は、そのコピー物の話なんですが、DVD、音楽DVDはもちろんOSから各種ソフトに至るまで全部コピーです。

正直言いいまして、私この国で正規品をみた記憶がまったくありません。
正規品なんてどうやって手に入れていいのか?まったく 分かりません。
d0047078_1972236.jpg

各会社に入っているPC等は、どうかというと・・・やっぱりコピーらしいです。
OSから各種ソフト、果てはセキリュティーソフトに至るまで丸ごと全部不正コピー品のようです。もちろん 各メーカーから販売されているPCはその限りではないと思います。
それを上手く使いこなしこそ、PC業者が成り立つようですが・・・笑

ちなみに売られている場所ですが、街の中のDVDショップ(結構立派店舗もあったりします。)から百貨店内に入っている店舗、果ては露天まで様々な形態で普通に売っております。

値段も様々ですが、店舗の立派さによって値段が変わってくるようです。
パッケージも変わったりしますが、きっと中身はみんな一緒だと思います。
画質・品質に差はないようです。
d0047078_1973547.jpg

例えば、日本でTVシリーズで1~2万円するものであれば、ちゃんとした店(と言っていいのかわかりませんが)1500~3000円くらいで買えるようです。
で、それが露店にいくと、約半額程度になるようです。高圧縮のものであると、2~300円くらいのものあるようです。
d0047078_198574.jpg

前回の値段の話の続きのようですが、やはりこちらも値段の価値観はよくわからないのが事実です。

価値感というものが、店舗だとかに上乗せされているということでしょうが、それは当たり前と言えば当たり前のことなんだと思いますが、どこにいっても同じ値段である日本から考えると不思議な事のようにも感じます。

逆に言えばたぶん原価は恐ろしく安いんだと思います。
d0047078_1981926.jpg

一応断っておきますが、これらの違法コピー商品は日本への持ち込み禁止となっております。
成田空港等では、DVD犬が登場し取り締まり強化をしているようです。

もちろん中国の通関(一部)でも 厳しく取締りをしております。が、見つけても大量で無い限り小言言われて終わるようですが・・・・。
d0047078_1983661.jpg

まあ これについては色々とお考えもあると思いますが、ただここにはそんな現実が当たり前のように存在しているようということで・・・・
[PR]
by squeu | 2007-12-09 18:11 | ikokuにて・・・

すげーぜぃ、中国!!!

みなさん こんばんは

さて 今回のタイトルの「すげーぜぃ!」ということですが、一体何が凄いかというとなんだか凄くない?と思われるちょっとした話を2つ3つかいつまんでお話させていただければ思います。
d0047078_1730474.jpg

買い物をすると日本では消費税というものがかかります。
この消費税を上げる上げないを日本政府は毎年しているわけですが、一体国民の懐をどう考えているのか?
いつも不思議に思うところであります。
 どうも真剣に余分なものを削ってスリム化しようなんて気はさらさらないように私には思えてなりません。

さてここ中国でも様々な税金が発生するようです。
最初は気がつかなかったんですが、少し大きな買い物をする場合、必ず領収書がいるかと聞かれます。

「要る!」

と、答えると20%程余分に取られるわけです。
中国(地方により違っていると思いますが)に関係している方なら誰でも知っていることなんだと思いますが、この20%が税金となるわけです。
d0047078_17311691.jpg

その領収書も2つあり、正式なものとそうでないものがあります。
正式なものは、上海市指定となりますが、こちらでないと正式に認められないということになり、当然会社からは経費がでないという羽目に陥ります。(正式で無い方はお金(税金分)は取られません。)

まあ 私はこちらで清算するわけではないので、偽でもたぶん問題ないと思いますが・・・笑

凄いところは、どこにいっても必ずこのルールが適用されるところです。
つまり・・・・脱税・・・・と、いう事です。

一体そのカラクリがどうなっているのか定かではありませんが、街ぐるみで当たり前のようにそれがされているのはやはり凄いと感じます。

もちろん 市の職員だって買い物くらいはするわけですから、恐らくは暗黙の了解ということなんでしょう!
d0047078_17314556.jpg

私も何気なく、その領収書の事を聞いて、始めはピンと来なかったんですが、「領収書を発行すると税金がかかるから・・・云々」と、言われて冷静に考えてみると結構凄い事じゃないの?
と、いう疑問が頭をもたげました。

しかも結構な大型店でもそれは当たり前のようにあるようです(業種によってそうでないところも玉にあります。)が、領収書を発行しなければいいといってもその金額は結構おおきなものになると思います。

当然 全部を申告するわけはないでしょうが、売り金から逆算したりといろいろと細工はしているんだと思いますが、適当にやったとしても結構膨大な作業のような気がします。
中国の帳簿をつけるのは結構大変そうな気がします。

それでも金持ちな国家財政?・・・・

前回少しお話しました特別価格(格差)がこの豊かな財政を築き上げている気がします。
d0047078_1732441.jpg

まったく食えない国です。
日本では考えられない状況の一つだと思います。

そう言えば、ついこの間こんな記事をみました。

中国の企業は外資系はじめたくさんあります。
当然 企業にたいするいろいろな規制もあり法化もされています。確か環境についてだっと記憶してますが・・・・少し記憶が曖昧なんですが・・・笑

その記事は広州地区の話であったと思いますが、その法律を調査した記事であったんですが、ちゃんと守っている企業は、50%程度であるとの事でした。
つまり 半分は守っていない・・・酷いところは全く守っていないようです。

中国の環境汚染問題は近年どこの国でも注目されていると思いますが、中国政府の言うようにちゃんと法律もあり環境整備に力をいれている(まだまだ 先進国並みではないのかもしれませんが)といのは、事実なんでしょう!
d0047078_17322232.jpg

でも 守ってないんです。
しかし 50%となると守るのが、 馬鹿らしく思える数値のような気がしますが・・・・・笑
まあ 垂れ流しといわれる要因がそんなところにあるんだと思いますが・・・・

最後にもう一つ・・・

つい先日、通関の問題で申請をしなければいけない事がありました。
当然 いくらかのお金が発生する可能性があるので、まずそれを調べて貰いました。

一週間待っても返事はなし、2週間位経ってから再確認をしました。
答えは・・・・

「わかりません!」
と、言う回答しかかえって来ませんでした。
そこで理由を聞いてみると、その申請をした会社をいくつか当たってくれたようで申請にかかる費用がそれぞれバラバラだという事でした。

下は0元~30000元程がその結果だったそうですが・・・
d0047078_17323522.jpg

つまり申請にはお金はかからないが、判子を貰うにはお金がかかるようです。
ようするに通関職員の袖の下に入る金額のようですので、いくらははっきりわからないという事でした。

ちなみに中国政府は通関職員の汚職を防ぐ為に結構いい給料を支給しているようです。
金額は敢えて言いませんが、そのリッチになった通関職員たちは、仕事中に携帯電話で株取引に熱中しているとのことです。
もちろん5時になったらぴったりと退社するのは言うまでもありません。

私たちにすれば結構気難しくやっかいに感じる人たちになるわけですが、やはり接待・賄賂なども含めた日ごろの付き合いが非常に大事なようです。

ちなみに通関で検査に合うと、素手で絶対触ってはいけないような精密機器(部品)等もお構いなしでベタベタやります。
d0047078_1733026.jpg

触られたものは当然ほとんどがゴミ箱行きという事となりますが、そんな事は全く関係がないようです。
しかも急ぎのものでも1~2週間止めた挙句の素手検査です。

で、止められた方はどうするか・・・

今後 目を付けられないように・・・・
機嫌を損ねないように・・・・

ひたすら黙って待つのが一般的な方法のようです。

どうですか?

少しは凄いと感じていただけでしょうか?
d0047078_17332163.jpg

では今回はこの辺で終わります・・・・また・・・・・。
[PR]
by squeu | 2007-12-02 23:25 | ikokuにて・・・