<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

再、家の馬鹿猫

 みなさん こんばんは

今回で再開後の更新三回目となるわけですが・・・すでにネタが・・・・笑

と、言うわけで内輪ネタでしのごうかと思います。

今回のネタは 家のネコです。
d0047078_23262480.jpg

以前もこのプログで馬鹿ネコとして取り上げましたが、今回もその不可思議な馬鹿っぷりを公開しようと思います。

 飼い猫・飼い犬の中には自分がネコやイヌであることを認識していない事がままあるようです。
 生まれてから他のイヌ・ネコと接触が極端に少ないと自分を人間と同じようなものと感じてしまうようです。

 私は結構幼少の頃よりネコと一緒に過ごしてきました。
ネコの事については多少取り扱いに覚えがありますし、事実 いままで一緒に生活した猫は数知れず(ちょっと大袈裟ですが)といったところでございます。
d0047078_23264583.jpg


 猫といえば猫背 背中を丸めてあまりい意味で使われない事おおいですが、私の目には、確かに背中は丸まってはいても猫の座る姿は結構隙がないと思っているわけです。
 たとえば、あのきりっとしまった目つきにしても 少しの音にもすばやく反応する耳・そしてなんといっても猫のたたずまいとでもいいましょうか?

 猫の足元をみると意外とどの猫もビシッと足が揃っています。

内股でもなく 蟹股でもなくぴったりと身体に足を添えている、いわば「しゃんとした猫背」とでも申しましょうか?まことに見ていて気持ちのいい猫背でございます。

が・・・家の猫の座り方は実にだらりとしています。

d0047078_23291164.jpg
なにかしまりの悪いかのように片足が外に向いている、おそらく猫の蟹股というべき座り方をいたします。

私はこの短い人生の中でこんな猫は見た事がありません。

もう一つ 猫といえばしなやかな身のこなし!

たとえば 反対向きに落としても華麗に身をよじり音もなく着地する、猫の真骨頂とでも申しますか、かのにゃんこ先生が得意とした技でございます。

でも 家の猫 高いとこから落とすとドタッと着地すんです・・・
ためしに少し変な体制で落とすとときどきバランスを崩して着地に失敗する有様・・・・なさけないの一言です。

 しかし 雄なのに「ぴき」なんて名前をつけられて、わけの分からない首輪をさせられて(本当に迷惑そうにしてます)毎日キャットフードな毎日・・・・・

しかも 家猫ということらしく外にも出してもらえません。

極めつけは 外にも出してもらえないのに何故か去勢手術をしています・・・ちなみに私が留守中にしたようです・・・と いっても貰ってきたのも私の留守中ですが・・・・。


d0047078_2326868.jpg

こいつが 日の当たる場所でまどろんでいるところをみると・・・・なんだか憐れに見えるときがあります。
[PR]
by squeu | 2006-07-24 23:29

黒い川

 みなさん お待ちかねの「中国シリーズ」です・・・・待ってない・・・しくしく!

まあ 待ってなくても話は進みます。


 「あの川の色・・・真っ黒だよ!」

同じ車にのっていた台湾人が そう繭を顰めながら何か軽蔑するかのような口調で言った言葉です・・・・と、言っても実際はそんな事を言ったんだろう!というかなんとなくそう聞こえた!と いったところなんですが・・・・・笑。

d0047078_229925.jpg

(黒い川は鏡のように美しい空を映し出します)

 この川の話は以前から よく聞きます。
正確にどのくらいの幅があるのか?分かりませんが、100メートルはゆうにあるように思います。
結構大きな川だと思います。

「黒い川」その他に「臭い川」という人もいます。

日本でもどぶ川の匂いなどどいえば、誰でもしっている匂いだと思いますが、往々にしてどぶ川は小さいと思います。
本当に大きな川で匂いがある川も珍しい気もしますが、その100メールを越す川が全体どぶ川と同じ匂いがします。

d0047078_22102834.jpg


この川のにおいは、この町の象徴ではありませんがこの町の印象深いものの一つでもあると思います。

特に熱くなると一段とにおいは強くなるわけですが、地元の人は川の近くで涼をとっていたりします。どこまで気になるかなのでしょうが、人によってはまったく駄目なようです。
私・・・私はまあ正直匂いは分かりますし決していい匂いではありませんが、それほどは気になりません。

確かにそこにはヘドロのようなものがたまってゴミが沢山流れていますが、ここは急造の工業地帯!それも 止むを得ないのだろう・・・・と、思っていました。

あるものを見るまでは。。。。。

d0047078_2211725.jpg


そのあるものというのは、その川のほんの少し下流なんですが、どうも魚の養殖をしているところがあるようです。

そのため池の水はどこから引くか・・・・・

恐らくこれ以上の説明は必要無いでしょう!

その生簀?を見たとき思った正直な感想は、

d0047078_22114295.jpg


「俺・・・きっと 食ったんだろうな・・・・。」

と、言うものでした。

最後に 黒色と言われて私は「ヘイソウ!」と答えました。
なぜなら・・・黒色の中国語(普通語)が、「へいそう」だからです・・・・どこからか へい そう!と聞こえてきそうですので、今回の話はこれまでとさせていただきます。
[PR]
by squeu | 2006-07-17 22:12 | ikokuにて・・・

更新してもいいですか・・・?笑

みなさん お久しぶりです。

下の記事から随分と時間がたっていますが・・・・笑

この先のことは別にして少し時間が出来たので更新してみようと思います。

前回の更新からすでに数ヶ月がたっておりますが、その間帰国してまた中国にいってそして7月1日に帰国いたしました。

なにかこう海外をいったり来たりしてるように書くと 大層な仕事をしているように感じて恥ずかしい気もいたします・・・内情はまったくかっこよくない仕事ですので。。。涙。

まあ 仕事のことはさておいて、中国のお話でも少し・・・・

d0047078_0265033.jpg


といっても私が行ったのは、ほんの一都市に過ぎず全体がどうなのか?
と、いったような難しい事はわかりませんが、まあ 実際そこの街にたってそんな話を聞いて そんな事を思った・・・・と、言う事で。

 私が行った街は、近年の中国の投資の影響を強く受けている街といえるとおもいます。

d0047078_0261697.jpg


そして 今も相当大規模に工場用の用地に沢山の建物を建てていました。
そういった意味では、今中国を代表する開発地区の一つの側面がそこにはあったのだと思います。

 それがいいのか?悪いのか?

それは正直よくわかりませんが、金と人が押し寄せて作られた急造の街の景色とというものは面白くもあり また何か物淋しい気もいたします。

しかしながら常に感じるのは、次から次へと新たな市場 コストの追求を求めて経済は世界規模で動いている訳ですが、

「我々は一体何に向かって進んでいるんだろうか?」

d0047078_0254370.jpg


汚れた川や ごみの散乱した通りをみていると ふとそんな事を思うときがあります。

また同時にそのどこから分からない行き先へ向かうのに力を貸している自分自身がいます・・・・・。
[PR]
by squeu | 2006-07-10 00:28