<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

雨降りとバイクと私

 以前 このブログを始めた頃、しなくてもいい一念発起により オートバイ通勤をする事にいたしました。

 まあ まったくどうでもいい一念発起ではありますが・・・・・・笑

d0047078_2365046.jpg


その理由も実に単純なもので、折角免許があるんだから もう一度くらいは乗っておくかなぁ・・・・程度のものです。

d0047078_2373496.jpg しかし まあどんどん年を重ねていく毎にだんだんと乗らなくなる可能性は強いでしょうし、また 今乗らなければ5年後10年後乗ることはまずないのだろうなぁ・・・・・・・

 そう 思ったとき、これは最後になるかもしれないので乗っとくかな・・・・・?
そして バイク通勤がはじまりました・・・まあ 年甲斐もなく・・・・・・・笑

 日本には四季があります。
寒いときは 本当に体中が凍りそうになります。

 やがて春が来るわけですが、一年中付きまとうのは雨の心配です。・・・・そこが俄かオートバイ乗りなのでしょうが・・・・・笑

 そんな軟弱に始まった私の第O代目のバイク人生ですが、まあ 雨の日は家の車を使いながら天気予報とにらめっこの日々が続くわけですが・・・・それでも いつかは雨に降られます。



 ・・・・・・・・・・・・・・・雨の中・・・・・・・・・・・・・・・

ヘルメットにあたる雨粒の音が まるで主役のように大きく聞こえる。

d0047078_22545996.jpg


オートバイ用のレインウェアを着ているので実際に濡れているわけではないけれど・・・・・その薄い防水布の上から 大粒の雨があたる感覚はリアルにある・・・・・・

 「まったく 今日はひどい雨だ・・・・」

 ヘルメットの中で一人呟く・・・・・
全身雨でびしょぬれになっているような気分だ。

ヘルメットをつたう雨で 視界はあまりなくかろうじて前の車が見える程度だ・・・・・。

信号待ちの間はまるで雨の音が辺りの空間を支配しているかのようだ。

d0047078_22592530.jpg走行中は、バイクの音 車のタイヤの音 そして雨の音は一際大きくなり 前方をはしる車のしぶきで視界がなくなっていく・・・・・。

 バイクは、普段でも妙な感覚がある。

静寂・・・・と いうのは正確な言い方ではないと思うが、実に孤独な感じがする。土砂降りの中では そう効果がより強いようだ・・・・・・。

 雨がまるで現実と非現実を支配しているようだ・・・・・そこにあるのは 周りの世界から完全に切り離された孤独があった・・・・まったく奇妙で面白い空間だ・・・・・。

 「そう言えば・・・・雨をこんなに身近に感じているのは 一体何年ぶりだろうか・・・・・?」

d0047078_22582693.jpg


 随分昔のような気がする・・・・小学生くらの時だろうか・・・・傘にあたる大粒の雨の音・・・長靴で水溜りの中を踏んづけたり 飛んだりしたあの時だろうか・・・・?

 まったく可笑しな事だけど・・・この年になってそんな子供の頃の感じたあの雨の日の感覚を思い出すなんて・・・・・・


・・・・・・・・・・・・誰にもみえないヘルメットの中で一人微笑んでいる自分がいた・・・・・・・・・・

d0047078_22401145.jpg

[PR]
by squeu | 2005-08-31 23:07 | ありふれた日常

斜陽

 今日も いつもと同じ空が 頭の上に広がっている。

 いつもと同じで でもいつも違う空が・・・・・・。


d0047078_9573833.jpg


 気候の挨拶では、もうすでに残暑が厳しい季節になりました。
まだまだ夏であるものの 光の感じがなにか少し違ったり 昨日までの熱風が吹き付けていたのがほんの少し涼しい風を感じたりと・・・・・・

それらは微妙な変化かもしれませんが、昨日とは違った今日を感じさせるもののように思います。

 いつもと同じ空

 でも実際そんな空は、一日としてないと思います。
いつもと同じようで どこか違う空がいつも どこの場所にいても広がっているような気がします。

 季節の移り変わりもあります。
夏に近づくときは、梅雨でジメジメしながら 突然 雨雲が真っ青な空と真っ白な入道雲にに変わような気がします。
 もちろんそんな絵に描いたような事はそう毎年あるわけではないでしょうが・・・・・笑

d0047078_1084062.jpg


 夏から秋に移り行くとき・・・
昼間の暑い日差しが 傾きはじめる頃 ふと空をみると ほんのすこし前まであったはずの入道雲や緩むことの無くその夜の寝苦しさを間違いなく約束してくれる 灼熱の夕日・・・・

 ・・・・・が、いつの間にか優しい表情をみせてくれる時があります。
それとともに 時折 涼風が体を通り過ぎていきます・・・・・。

d0047078_9553424.jpg


 暑い夏を過ごしてきて 暑さにひたすら耐えていた心も体も一年のうちでもっとも安らぎを覚える瞬間であると思います。
 それらの変化は 実にほんの少しづつ・・・・・わたし達が気をつけていないと気が付かない程 実にゆっくりと変わっていきます・・・・・・。

 夕方、今まで照りつけるだけだったはずのいつもの太陽の光が斜めに傾き始め妙に心をくすぐるの感じ始めます。ほんのすこしずつ・・・・でも 日を追うごとにすこしずつ・・・・
 それらは 気づかないほどの微妙な変化かもしれませんが、確実に移り変わっていきます。

d0047078_9562218.jpg


この季節 毎年それらのものを感じ始めると、妙な気分になります・・・・・
そしてなぜか毎年こき説になると同じ言葉が頭の中に浮かんできます・・・・・・「斜陽」・・・もう 何年もかならず・・・・・・・・・。

 もうすこし季節が進むと本当の涼風が吹いてきます。

でも私の一番好きな涼風は・・・そんな晩夏にに吹くかすかな涼風でしょうか・・・・

d0047078_9554720.jpg


そして斜陽と・・・・・・。
[PR]
by squeu | 2005-08-27 10:16 | ありふれた日常

いよいよ・・・か・・・・・。

 以前 こちらでもお話しましたが、仕事で2ヶ月という短い間ですが中国に行ってきます。

出発は9月5日です。
あと 10日ほどになりました。
正直 行きたいかと言われると微妙な訳ですが・・・・。

d0047078_18234014.jpg
この中国に行くと言う話し 実は3ヶ月前から決まっていました・・・・と いうより決まっていたようです・・・・・。なんとも 歯切れの悪い表現ですが、実に~のようだ的会社なものですから・・・・

 以前ブログで触れました 仮称バーコードオヤジ 実は直属の上司と言うわけではないんです。私の上司といえば・・・・・・・以下 回想

私;「すいません 来週月曜日昼からパスポート取りに行ってきます。」
   そうそう パスポートは期限が切れていましたので・・・・10年以上前に・・・・・笑

上;「「んっ 何 本当に中国行くのか?ちゃんと 話あったのか?」

d0047078_18332894.jpg


   今から 約一月ほど前のことでしょうか?
   正直 私すこし切れそうになりました。

上;「ちゃんと 話も何もお前が俺の上司だろうぉぉぉぉぉおおおお!!!お前が確認しんかいぃ   ぃぃぃいいいいい!」

   フロアー中に響き渡る声で私は叫びました・・・・・・・・心の中で・・・・・。

まあ それは冗談としても私本当に返す言葉がありませんでした。本当に行くのかは 参りました・・・・こっちだって家庭があるんだい、馬鹿野郎・・・少しくらいは親身になってみやがれ!!!

その二週間後 visaの申請をするときも一応 事前報告すると・・・・・

d0047078_18195099.jpg


上;「もうそんなことするの気が早いんじゃないの?いつから行くの・・・?」

負けました・・・・このオヤジ 脳天気です・・・・・。

私;「はあ 一応お盆の連休もありますので総務から早く申請するように言われましたの で・・・・。」

上;「ふーん」d0047078_18242144.jpg

私;「ふーん」とはなんだ「ふーん」とは・・・・・・。

と いうか俺ってこいつに飛ばされたんじゃ・・・・・・・私の頭は真っ白になりました・・・・・どこか 遠くの・・・・遠く 頭の片隅で 水戸黄門のテーマが流れているのをうっすらとした意識の中でかろうじて記憶しております・・・・・あの 高笑いとともに・・・・・・謎の・・・・・。

ーーーージャンジャカジャジャン♪ ジャカジャジャン♪ジャカジャジャカジャカジャジャカジャーーーーじ~んせいぃ 楽あ~りゃ 苦~もあーるーさ~♪ーーーーーー

 時のたつのは早いものです。
長い仕事があり その後の年に数度の短く長い休みが過ぎると 出発まであと2週間となりました。

 休み前 現在やっている仕事をどうするのか?
 いってから必要と思われる準備をいつしようか?

あれこれあがこうとするのはもうやめました。
もう いいんです。

ーーーーー休み前ーーーーー

d0047078_18222234.jpg私;「中国行きなんですが、いろいろと準備しといた方がいいと思うんですが・・・・・・」

上;「・・・・・オヤジ 無言・・・・・」

私;「あ、あの・・・・品質面のフォローもするように言われたんですが、一度品証の方へ話を聞きにいきたいんですが・・・・・。」

上;「前日まで普通に仕事すればいいなじゃない・・・・。」

ーーーーー回想終りーーーー

 だからいいんです。
 なんとかなるでしょう? 
 もう あと2週間だし 時間もないし いままでの仕事やってるだけで精一杯だし・・・・・と、その時バーコードオヤジ登場(舞台袖からツツーと近寄ってくる)

バ:「品質面で自分で判断できるまで 勉強していくように・・・・・」

私:「すみません。時間もありませんので出来ません・・・・」(ざまあみろ・・・・・おやじ)

バ:「なんで あと2週間もあるでしょ!」(オヤジ しかめっ面で・・・・)

私;「いえ 出発前日まで通常業務をしますので」(実は強引に有給で休むつもり・・・・)

バ:「ふーん じゃ残業すればいいじゃん!」

私;「いえ 普段でもすでに残業ですので・・・・・」(ここでバーコードオヤジ退出)

私がすべていい終わる前に バーコードは姿をくらましやがりました・・・・・腹立つ・・・・・。

準備は・・・2ヶ月行くんだぞー準備だってあるんだからなぁーーーーー家族だっているんだからなぁぁぁぁああああー!わかってるのか くそオヤジ達・・・・・・・。

d0047078_18214930.jpg


 声に出さない言葉は、人には伝わらないというむなしい宿命があります。
特にオヤジとオバちゃんには・・・・まあ 私もオヤジといえばオヤジの年なんですが・・・・。

 その後一応品質についてとりあえず聞きにいきました。

品証オヤジ:「まあ できるだけ協力するけど まあ 覚えるのに半年くらいあればなんとかなる        と思うよ。」

      私;「は、半年ですか・・・・・」

品証オヤジ;「で いつ行くんだったっけ?」
 
       私;「再来週ですが・・・・。」

   -----------沈黙------------------

d0047078_18211840.jpg


品証オヤジ;「そ、そう できる限り協力するけど・・・・・あっ 何 内線・・・・好きな資料コピーして         いいからあああぁぁぁ・・・」(だんだん遠のく)

 その後 私は一人永遠とコピー地獄に・・・ってか 覚えるのに半年かかる資料を始めてみせられて何をしろっちゅーねんッバシッ!!!!

 空中のある一点で止まった自分の手を私はしばらく呆然と見つめるのでした・・・・・。

d0047078_18201954.jpg


つづく・・・・・・・かも・・・・

                                         
[PR]
by squeu | 2005-08-24 23:18

摂氏40℃の情熱

 夜は随分と涼しくなったように感じます。

窓の外では 早くも鈴虫がないているようです。

しかし 昼間 太陽が出るとあっという間に灼熱の夏が戻ってきます。


d0047078_823770.jpg


 少し前のことですが、久しぶりにカメラを持って数時間の撮影に行きました。ほんの1,2時間しか時間もありませんでしたし、何よりも灼熱といっていいほどの天気でした。

 外にいるだけで汗が次から次へと流れでて来ます。
時間に追われているのと、暑さもあり適当にシャッターを切って切り上げることにしました。  
30分ほど歩くと小さいの花畑がありますので今日はそこまでにしようと思い進んで行きます。

 その時1頭の蝶が目の前を飛んでいきます。

d0047078_82539.jpg


 とくに珍しくもない どこにでもいる蝶です。
赤い花の蜜を吸っています。
近づくと逃げます・・・・・そして そっと逃げた後の花に近づいて座ってしばらく様子を見ることにします。蝶には地面に止まるにせよ花に止まるにせよ お気に入りがあるようです。私達には、感じないなにか特別なものをその場所や花に感じるのでしょう。

d0047078_8215593.jpg


 独特の飛び方をしながら グルっと旋回し一旦遠くの方に行きました。
その後恐る恐る様子を伺うように少しずつ近づいてきます。
その場所で 息を殺してじっと待つと また同じ花に戻ってきました。

 灼熱の赤い花 蝶・・・・・・d0047078_833582.jpg

そんな言葉があたまをよぎります。といってもイメージなので 南国の花でもないし蝶もどこにでもいるウラギンシジミですが・・・・・笑

 額から 流れる汗 蜜を少し吸ってはまた飛んで行き いろいろな花の上を飛び回りながら戻ってきては また蜜を吸う。

 花の赤色が写りこんでいるのか おそらく実物よりは幾分赤みが濃く見えた気がします。
それらが頭の中で混ざり合って 何か情熱的なダンスでも見ているかのように思えました。

 摂氏40度の中で 頭の中は空っぽな状態でしたのでどこかショートしていたせいかもしれませんが、なにか情熱の国の音楽やダンスが頭の片隅で空回りしていました。その時の音楽はキューバンミュージックでした・・・が。

d0047078_84226.jpg


 帰り道頭の中で 何故かコーヒールンバが聞こえていたように思います。

 妙に面白く感じた一日でした。
   
[PR]
by squeu | 2005-08-21 08:25 | ありふれた日常

夏休みの思い出

 今年の夏もゆっくりと過ぎようとしています。

d0047078_12273272.jpg


まだまだ 暑い日は続きますが、お盆が終って 海にくらげが出始める時期になると夏の最大の行事が、終るのではないでしょうか?

 海 花火 盆踊り 帰省 渋滞

日本のあわただしい短い夏休みはそうして過ぎて行きます。
長期休暇(ほんとに長いのかどうかは 判りませんが・・・・笑)の後に残されたものの中で 疲れが一番大きい方も多いような気もいたします。

d0047078_1228389.jpg


 過ぎてしまえば 今年も暑く短い夏におもえるのかもしれません・・・・が、面白いもので年を取ると いつの間にか 今年の夏 という記憶ではなくなっている気がします。
 どちらかというと いつもの夏・・・・という感じでしょうか?

新鮮さや 新しい物への感動する力 とかが、弱くなるんでしょうか?
今や あの灼熱の中で 汗をダラダラ流しながら 遊び はしゃいぎ 恋をしたり、暑さなど気にもしなように ひたすら遊びに興じたりした 狂おしい夏の思い出という物は 味わえない過去のものなのでしょう。 

d0047078_12283646.jpg


 なんだか こうして体の感覚を通して夏の感じ方の違いがあると感じるのは いささか淋しい気もいたしますが・・・・・。

 休み最後の日 空は快晴です。
本日はのんびりと午前と午後買い物に行く位の予定です。

そうして 午前の買い物から開放された昼前の一時 こうしてブログを書いているとなんとも のんびりとした暑い空気が夏の一時を演出して 非常に心地よく感じられます。


               「こんな夏もいいのかな・・・・」


こういう感覚は、年を取らないと感じないのかも知れない・・・・・・・かな?

そんなことを考えながら 熱風の中のけだるい時が過ぎて行きます・・・・・・・・

d0047078_12281856.jpg


 振り返れば今年はなんだかいい夏だったように思えます。
[PR]
by squeu | 2005-08-16 12:38 | ありふれた日常

窓際のむこう側・・・・・

d0047078_9213515.jpg

d0047078_9201660.jpg 随分以前のように思いますが、わたし「窓際派」なんです。と、カミングアウトしたことがあったように思います。
 たしかブログでした記憶があるんですが・・・・・

勘違いかもしれません・・・・・・

 まあ とにかく私は会社で窓際派です。そう 自分で認識したとき席が本当に窓際に移ったことは周知の事実となったおります。・・・ほんとか?

 『ローマは一日にしてならず!』
そう格言を遂行しべく 常日頃から窓際道を極めようと日々精進しております。

夏の暑い日に 窓の外をみると 若い母親が小さな子供を連れて歩いていきます・・・・あるときは 老婆であったり 高校生であったりと窓際の向こうには様々な世界が行き交っています。
また 窓際のむこうの主人公でもあります 陽炎も今年はよく見かけるように感じます。


d0047078_9234115.jpg


 その陽炎の演出は 通り行くそれぞれの人々をどことなく人間臭く感じさせます。日差し 暑さ 汗 それらが見事に日常の生活として溶け込んでいるかのように感じます。

私の窓際もなかなか乙なものになってきたかと思い初めております。

d0047078_9242174.jpg


四季を通じて この窓際の小さなドラマを見て見たいと思い始めていた頃、日頃会話もしない上司が私のところにやってきました。

バーコード:「中国 行くことになったから・・・・」

squeu ;「はあぁ?」・・・・このバーコードオヤジは出し抜けになにを・・・・。

バ;「わかった?」

ス;「いや わかったもなにも何をするんですか?」

バ:「全部、とにかく必死になってやってきて!」

ス;「そうですか!できません。」(ふん ざまーみろ くそオヤジ)

d0047078_92842100.jpg


バ:「そう できないの・・・じゃ 適当にやってきて・・・・・じゃぁ」

オヤジは去って行きました・・・・くそっ なんてオヤジだ!

かくして 私の中国行きはいつのまにか決まってしまったようでした・・・・。
まあ 自分の会社ながら なんていい加減な会社なんだろう・・・・?と、改めて思い知らされました。

d0047078_9252423.jpg自称 窓際派の私ですが、この会社 全体が窓際を超越してるのかもしれません・・・・。

そんな会社ですので 正式に行きなさいなんて話しは 未だにありません・・・なんだか なしくずしに行くことになってるといか・・・・まったく 凄い会社です。

これで なんでつぶれないんだろう・・・・?実はこれが全社員の共通の疑問となっております。

しかし 中国行きのvisaも取得した以上 現実なんだ・・・・なんとも不思議な気分のまま時は過ぎて今に至るわけですが・・・・・

まあ 一応9月の初旬から11月中旬までの予定です。

よって 9月からはこのブログもすこし趣向が変わるかとも思います。
ただ 面白くなるかというと・・・そうでも無い気もいたしますが・・・・・笑

d0047078_9362438.jpg


しかし 私はどこにいても窓際道を貫くことを決意して今回の〆とさせていただきます。
[PR]
by squeu | 2005-08-13 09:23 | ありふれた日常

歪んだノスタルジー

 ・・・・・申し訳ありません・・・・・

 何が申し訳ないかと言うと タイトルの事です・・・・
「歪んだノスタルジー」って程 大層な内容でない事を最初にお断りさせていただきます。

d0047078_21233456.jpg


前回のブログで ほんの少し文明と文化に対する私たちの可笑しな態度について触れましたが、ある意味似て非なるもの的な感じを受ける言葉です。

 さて 大層なタイトルの”歪んだ”の部分ですが、まあ 少し可笑しなくらいの意味合いですので・・・・・

 ノスタルジー 今回は少し大きな意味で考えています。「懐古的」「懐古主義」などだいたいそんなものを指しているつもりです。

 「昔はよかった・・・・・」
 「あの頃は・・・・・あの頃に戻りたい・・・・・・」

d0047078_2124621.jpg


老いも若きも 一度ならず思ったことがあるのではないでしょうか?
実際 中年と言われる年齢に差し掛かると 少し前の自分とのギャップ、容姿も体力も変容しているのがわかります。
 そんな時に 懐古的になるのかもしれません。
 本当に楽しかった瞬間も 人生には一度や二度ではないでしょうし、いろいろと振り返って楽しむこともあるかと思います。しかし そんな事実と裏腹にただ過去を美化しただけの懐古主義的なノスタルジーもあると思います。

今回のタイトルの「歪んだ・・・・」は後者のことです。

「昔は良かった・・・・・。」
その言葉の中に ある特殊な意味合いを感じたことはないでしょうか?

どうも個人的に考えると、そんなにいい昔なんてあったのかな?そんな 疑問と もしそんな現在を嘆いているとしたも その方も含め私たちは現在の形を間違いなく作り出している側の人間であるのではないかということです。
 が、この場合 自然や人とのふれあい・・・・いや 結局のところ同じことなのかも知れませんね!

d0047078_21262131.jpg


 「ないものねだりなんでしょうか!」
それとも 「昔は良かったの!」の中に責任感がないのがいいんでしょうか?

 ただ 本当に懐かしむ気持ちについては、除外したいと思います。

しかし もし私が言ったとしたら どこかに純粋に懐かしむ以外の妙な気持ちも入ってくるのでとは思いますが・・・・

 人は過去を美化するものだ!
そんな 事を言われた方がいたと思います。
どの時代のどの時間にも さまざまな問題があったと思います。
それらを 押しのけて「昔は良かった!」そういった場合、私は人は奇妙な感情の世界に入っている気がいたします。
 そんな感覚になにかもやもやしたものを感じた頃もあったように記憶してます。

d0047078_21271431.jpg


 現実から 逃げているような・・・・・
そう考えてしまうと結局のところ何も前進しなくなるように思えます。
きっと 現実から逃げると言う事は、本当の過去からも遠ざかってしまうのではないのか?
 そんな気がします。
過去に溺れる人達が 現実として世の中には沢山いると言う話を聞いた事があります。
しかし そういったある種精神的に病んでいる方たちと私たちの境目なんてほんの紙一重であるように思います。
 ほんの少し心の向きが違えば、誰にも無関係な話でもないのかもしれません。
が、それが大きな差でもあるわけですが・・・・・。

実際のところ 人の心は綺麗にシロかクロか分かれているわけではないと思います。どれだけ 要素があるのか どちら側に傾いているのか・・・・そんな微妙な問題でしょうか。
 つまり 潜在的に予備軍がある・・・・と いう言い方がもっとも正確であるとおもいます。
そのある点を取って 境界例という分類もあるようです。

 また こんな言い方もできると思います。
過去に生きる=他人が存在しない。
おかしいでしょうか?
つまり 思い出は、自分で自由に想像できると言う意味ですが、思い出ができる(ここには既に他人の意思も人格も存在していません)と言うことは、現在の人間関係に関しても自由に創造できる。と いう事にもなると思います。最近の犯罪の傾向は、この人間関係の創造が大きく拘っているものが多いように感じます。もちろん これは極端な例でありますが。

d0047078_21275166.jpg


現代社会は 人間関係が気薄になってきているのは、みなさんが感じられまたよく報道もされることです。
ここでは 昔はよく みんなで協力して・・・・近所づきあいが・・・等といろいろな表現で昔を褒めたてえています。確かにそういう一面はあるでしょうし、それに関してはなにも反対などするわけではないのですが。
ただ それを言って昔を謳歌している大人・・・つまり私たちは、現代社会を作っている主たる者達ではないでしょうか・・・・つまり 自分達で作っておきながら それに対して嘆き悲しんで過去を振り返っている・・・・そんな 構図が成りたつのではないでしょうか?

d0047078_21254692.jpg


 「今の子は・・・・」
その言葉の中にも ある意味「歪んだノスタルジー」が隠されているのではないでしょうか?
最近 今の子というよりも今の親が見事な手本だと感じることがあります・・・・もちろん 私も含めてですが・・・・。

 まあ ニュースについては 無責任でいられる特殊性(他人事ですませられる)があるようですが・・・・・。

 生きているうちに沢山の経験をして 沢山の感情を味わいます。一時的に過去に捕まってしまう事もあるかも知れませんが、本当の意味で過去の住人にはなりたくないなぁ、と悪寒とともに感じる事があります。

d0047078_21252196.jpg


             ・・・・・「歪んだノスタルジー」の住人には・・・・。
[PR]
by squeu | 2005-08-07 21:35 | ありふれた日常