欧州からの脱出・・・単なる帰国

ながながと書いてきましたこの出張記事もいよいよ終わる時がやってまいりました。

いやー長い!
ほんの1週間の出来事なのでこんなに長くなるとは想像もできず、途中で嫌になってきたり、少し間が開いたりしました。まあ、一応仕事で忙しかったことにしてください。
ともかく、早く記事の中での帰国させたいと思います。面倒だから・・。

朝4:30イタリアの朝早い!
つーか真っ暗です。なんでこんな早起きしなきゃいけないのか意味がわかりませんが、まあ帰るためです。体に鞭打って、無理やり起きます。確か5時ちょっと過ぎのバスです。
d0047078_11291757.jpg

しかも小雨が降っています。
実は今回は傘を持ってきていません。まあ、勘というか大丈夫だろうというか、まあ面倒だったからなんですが・・・。まあ、パス停もすぐ近くだし、小雨なので、気にせずパス停に向かいます。ちなみにこれが、ホテルが用意してくれたブレックファーストボックスです。なんか美味そうに見えますが、マズイっす。
d0047078_11294564.jpg

さて、問題です。
バス停に着くと先客がいました。
おばあさんです・・・うーんなんか外国っぽいんじゃないのか?なんて感じながら、ブレックファーストボックスに入っていたビスケットをかじりながら、バスを待つと一台のバスが・・・・あれは違うよな・・・。
d0047078_11295791.jpg

そう思うのですが、確証はありません。
なんせ、初めての国、初めての街、初めてのバスです。また、言葉が全くわかりませんので、何を書いてあるのかも正確にわかりませんが、一応、乗り遅れて飛行機に間に合わないなんてことになったら偉いことですので、運ちゃんに確認しました。

朝5時のイタリアのバスの運転手は女性でした。
さっきの婆さんもこの運転手も、やはり日本とは違う事情がこの国にはあるのかと、ちょっと言葉では言えませんが雰囲気を感じました。
d0047078_11301847.jpg

まあ、バスは違ったので落ち着いてベンチで待つことにします。
バスは時間通りにやってきました。乗り込むと運転手が、何かいいます。もちろん全くわかりませんが、切符だしときゃいいかと思い、おもむろに出すと、あたったようでそのまま席に座ります。私の他に乗客は1人か2人だったと思います。
d0047078_11303081.jpg

バスは走り出し、初めてのイタリアの街を通り過ぎますが、まだ真っ暗ですので、何も見えません・・・・私の不安は余所にバスは高速にのりどんどん進み、⒋,50分で空港に着きました。

イミグレを通り、ベネチア空港の中で朝を迎えました。
うーん、これが初イタリアか・・・つーか、全くイタリアを見た気がしません。ベネチア、マルコポーロ空港、なんてかっこいい名前でしょう!でも、夜と、早朝しかしりません。まあ、空港自体なんだかオシャレな感じではありますが・・・・早朝につきほとんどが開店前です。
d0047078_11304457.jpg

本日は、これからフランクフルトへ行き、乗り継ぎで日本に帰ります。たぶん後20時間ほどで家に帰れると思うと・・・・なんて長いんでしょう、うんざりです。
これは土曜日の早朝で、実は私土曜日に日本に着くかと思っていましたが、日本に帰ったらすでに日曜日になっていました。
d0047078_1131271.jpg

そして移動時間は就業時間に入らない的な、一方的に会社有利ルールにより休み無しで月曜日から通常業務が待っていました。
d0047078_11311215.jpg

最後に感想ですが、今回は仕事というこうもあり、全く時間に余裕を感じることもできずに、せっかくの初欧州を感じることができませんでしたが、「ヨーロッパなんて」と実は思っていた私ですが、どこにいっても意外に親切であったり、日本では見ることのない笑顔を見たり、正直悪くないと思いました。
もし機会があれば、仕事ではなく個人て訪れたいと思わせるところでした。


[PR]
by squeu | 2016-06-05 11:31 | ikokuにて・・・ | Comments(0)


<< 帰国・・・そして出張、しかも長... 最後の夜 >>