ドイツ(Stuttgart)の洗礼

まず断りを一つ、Stuttgarって、ストゥツガルトでいいんですかね? 良くわからないのでこれだけ英語表記にします。
飛行機を下された私は、ふらふらとイミグレを探します。
d0047078_22511761.jpg

「さっぱりわからん!」

ドイツ語ばっかじゃねーか? 
良く見るとドイツ語の下に、かろーじて申し訳程度に英語がありましたが、どこに行けばいいのかわかりません。

「捨てる神あれば拾う神あり!」

この時ばかりは、日本のことわざの凄さを改めて思い知りました。そう、近くに数人の日本人がいて、みんなわからないようですが、一人が「ここでいいんじゃねぇ」的なことを言っていたのを、しっかりと盗み聞きした私は、当たり前のようにその列に並びました。似たような日本人が、おそらく10人ほど・・・いかにも当たり前の顔をして並んでいます。

「○✖️△・・・・・!」

何かを職員が叫びます。
我ら日本人一同、隣の列に民族移動となりました。
つーか、みんな分かったような顔して、同じレベルじゃねーか!と心で吐き捨てるようにつぶやきましたが、きっと他の方も同じように思っていたことでしょう。
まあ、最初私たちが並んだ列には、ユーロマークなんでしょう。なんか変の紋章がみたいな表示がありました。
d0047078_2252029.jpg

さて、早速ドイツの洗礼を受けた私ですが、イミグレは簡単に通過。
当然・・・などど、すでにフランクフルト空港には勝利したつもりになっていました。そしてそのまま進むと、ゲートが二つありみんな何故か、ひだりのゲートばかりに進みます。

表示をみるとどっちでもいいようです。
ふふっ素人め!
今度こそは大丈夫。そう、アジアとはいえ海外はそれなりに行っています。空港程度どこも似たようなものです。
自信満々に誰も通らないゲートをくぐり抜けます。
でも行っても行っても荷物受取所の看板がありません・・・・何故? なんだこの空港は!!どこまで俺をおちょくれば済むんだ!と、心で思いましが、そこはそこ、大人ですので間違っても顔には出しません。

涼しげな顔とは反対に、だんだんと面倒臭くなりました。
(最近はこの程度でこまったと思わなくなりました。面倒という感情しか起きません)
で、思いついたのはそれらしい人に着いていけば、わかるだろう! 無意味でした。全然違う方向に進みましたので、30秒で奴らをお払い箱にした私は、しょうがなく空港の案内の親父に聞きました。

「そこの階段下に降りたところ。」
親父のくせに、なんてぞんざいな態度でしょう!とは思ったものの、ここは表面上は大人しく彼の言うことを聞く、大人な作戦でいくことにした私は、言われた通り階段をおりると、寂しそうな私の荷物がベルトの上を回っています。
「遅くなってすまん!」
まあ、随分古いカバンなので、大事でもないし本当はすまんなんて気持ちはまったくありませんが、とにかくこの初めてのルールに、

「これはわからん!」

そう思いましたが、ふっと思い返してみると知った顔で一人だけ別の入り口から出てきたことを思い出しましたが、ここは全て空港のせいにすることにしました。

ともあれ、荷物をゲットした私は、次は列車探しの旅です。
しかし、長距離列車と書いてある方でいいだろうと適当に進んでいくと、あっさりクリアしました。
まっ、ドイツといえど対しことないな!そう鷹をくくった私でした。
d0047078_22525212.jpg

でも、これ切符どこで買うの?
目の前には、旅行会社のブースのような建物がたっているますが、ドイツ語だけでわかりませんが、リザーブなんとかと書いてあるようなのできっと旅行会社だろう。と、思い数周まわるも他にそれらしいものはありません。
すでに疲労も極限に達していますので、とにかくそれが旅行会社だろうがなんだろうが、切符を買えればいいし、買えなくても場所を聞けばいい。

あっさり買えました。
けど、何?みたいな顔をされました・・・いや、何言ってるの!くらい、言われた気がします。
d0047078_22522463.jpg

(でもちゃんと、搭乗時間もプラットホーム番号も丁寧に教えてくれました)

ここで旅行上級者の私からみなさんに一言、知らないところに行くときはちゃんと調べら方がいいしょう!
いやー、結構忙しかったりしたんで聞きゃいいだろうと、思ってほとんど調べていませんでした。だからドイツなんてきたくなかったんだよ。そう思っている私に、ドイツは早くも次の罠を私にしかけて来たのでした。

つづく・・・・気がする・・・・。
あーちなみにネタはあるけど写真はほとんど撮っていません、逆にネタがないときの写真はたくさんあります。
[PR]
by squeu | 2016-02-23 19:00 | ikokuにて・・・ | Comments(0)


<< 水は乾いた体を潤し、乾いた気持... 初めてのヨーロッパ突入・・・空... >>