チョウトンボの池

「チョウトンボ」は、あまり一般的なトンボではないと思います。
d0047078_22292268.jpg
しかし、非常に珍しいかと言えば、そうでもない。一般的なトンボと言えば、赤とんぼやオニヤンマなどは誰でも知っているトンボですが、それほど一般に知られていないトンボといえば、以前紹介したハッチョウトンボや、このチョウトンボではないかと思います。
まあ、イトトンボもいますが、その中間くらいの知名度ではないかと思います。
d0047078_22293538.jpg
このハッチョウトンボやチョウトンボは、いる場所がある程度限定されているのが一般的に知名度がない理由であると思いますし、トンボの種類の中でも見れば目を引く種類であると思います。
いる場所は、決して人の住んでいるところから離れた場所と言うわけでもなく、実は以外と身近なところにいたりしますが、それでもその場所を知らないとなかなか見ることができません、
逆に知っていると、行けば必ず見ることができる種類であると思います。
d0047078_22294784.jpg
で、先日チョウトンボを見に行ってきました。
チョウトンボは、蝶のようにひらひらと飛ぶことから名付けられたらしいですが、特徴は黒い翅が光のあたりかたによりいろいろな色に変化することです。
なんとも不思議な翅を持っています。
d0047078_22295686.jpg
ちなみにこのチョウトンボのいる池は、民家のほんの近くで残念ながら不法投棄とかされていますので、決して私たちの生活圏から大きく離れている場所というわけでもなく、特別に保護された自然がある場所でもありません。
d0047078_22300807.jpg
しかし、蝶にしても山に住む蝶は、あまり一般的でないのと同じかもしれませんが、どちらもいるところにはいて、気づく人しか気が付かない存在であるように思います。
ただ、どちらの種も街の中では住めないであろうと思います。チョウトンボあたりは時々街から少し離れたところで見ることはありますが、気にしていないのか以外とだれも気が付きません。
d0047078_22302422.jpg
単に興味の問題かも知れませんが、日頃の生活圏から少しだけ出てみると、さまざまな自然が私たちの身近にあります。
d0047078_22303369.jpg

[PR]
by squeu | 2014-07-20 22:31 | 昆虫 | Comments(0)


<< トウカイモウセンゴケ・・・だと思う 不思議な形の虫、オトシブミ >>