てんとう虫のサンバ

あなた〜と、わたしが、ほにゃららら〜♪
も〜りの小さな教会で、結婚式をあげました。
d0047078_22221883.jpg

ーーー中略ーーー

赤、青、黄色の衣装を着けた〜、てん・とう・むしが踊りだ〜すぅうう♪

ご清聴ありがとうございまいた。
恐らくある年代の方は、良く知っていると思います「てんとう虫のサンバ」でございます。
この歌は、ある一定の年齢層の方は、結婚式などで聞いた覚えもあると思います。
かわいいてんとう虫のイメージが前面に出ております。

また、一般的にもやはりてんとう虫は、小さくてかわいいイメージがあると思います。子供などもそんな良いイメージをを持つ虫、それがてんとう虫でございます。
d0047078_22223441.jpg

今回はもっともポピュラーなてんとう虫とも言える、私が遭ったナナツホシてんとう虫のお話です。

春はてんとう虫がたくさん見られる時期でもあります。
草の陰や葉っぱの上を良くいますし、人懐っこく拭くなどに止まったりもします。今回は私があったてんとう虫は少しオレンジがかっていたので、まだ成虫になりたてかもしれません。
そんな愛嬌のあるてんとう虫ですが、生き物である以上食事はいたします。
d0047078_22225621.jpg

ナナツホシとんとう虫がなにを食べて生きているか? ご存知の方も多いと思いますがアブラムシです。
珍しく幼虫も成虫もアブラムシを主食としているようです。

たしかに可愛いかもしれませんが、アブラムシから見るときっと怪物のようにみえるのではないでしょうか?
d0047078_22242111.jpg

そんなアブラムシをみていると、なにか任天堂のピグミンを見ているような、切ない気持ちになります。
d0047078_22231911.jpg

追い詰めてとにかく食べる。
アブラムシは、頭からそしておしりからむしゃむしゃと食べられて行きます。
基本的にアブラムシは嫌われ者ですが、この時ばかりは、てんとう虫よりもかわいい存在のような気がしました。
d0047078_2224018.jpg

私たちの生活の中では、アブラムシは害虫で、それを食べるてんとう虫は益虫とも言えますが、それは人間の視点からみたものであり、虫にとってはお互いに生きていくための行為でありますが・・・しかし、てんとう虫・・・・この食事をみるとそんなに可愛くない気がします。
d0047078_22243587.jpg
あまりかわいくないてんとう虫の幼虫
[PR]
by squeu | 2014-05-15 19:56 | 昆虫 | Comments(6)
Commented by tontonto-n at 2014-05-16 23:35
>虫にとってはお互いに生きていくための好意でありますが・・

生きるための好意って??
12秒考えました、わかりました、行為ですね。
変換機能が馬鹿なのか打っている人が変態なのか分かりませんが
多分、両方なのでしょう。

テントウムシが転んだ!!
転倒っ!!

おあとがよろしいようで・・・<m(__)m>
Commented by squeu at 2014-05-17 19:56
こんばんは

好意でご指摘頂いたようですが、少しなんのことかわかりません。
と、いうことで変換機能も打っている本人も問題ありません。しかし、しめじを使っていますが、こいつ結構やってくれます。ATalkが欲しいと最近思っています。

>テントウムシが転んだ!!
>転倒っ!!

すみません、こちらも若い僕には付いて行けません。
Commented by tontonto-n at 2014-05-17 23:01
なーるほど、心ある人から誤字を指摘されても
そっと直して知らんぷりとは、なかなかやりますな。
私のようにぢいや、ばぁやに「正直に生きなさい」と育てられた人間には
思いもよらない大人の処世術を見せていただき勉強になります。

>すみません、こちらも若い僕には付いて行けません。
などとおっしゃっていますが・・・。

>恐らくある年代の方は、良く知っていると思います「てんとう虫のサンバ」でございます。
この歌は、ある一定の年齢層の方は、結婚式などで聞いた覚えもあると思います。

と冒頭から書いている時点でアウトだと思うのですが
またまた勉強させていただきました。
ありがとうございます。

わたしは「てんとう虫のサンバ」も「お嫁サンバ」も「別れのサンバ」も
全く聞いたことがないので良くわかりません。
あ、小さいときに近所に「産婆さん」がいたことは覚えております。
ちなみに私の家の近くに「つくばーさん(筑波山)」はございます。

そういうことで大人って本当に汚い!そう思う純情青年なのでございます。
Commented by squeu at 2014-05-17 23:14
>わたしは「てんとう虫のサンバ」も「お嫁サンバ」も「別れのサンバ」

いやいや、それだけすらすらと出てこれば十分じゃないでしょうか?

私には、ぢいや=こなきじじぃ、 ばあや=砂掛けばばあのように読めて、深くにも笑ってしまいました。
しかし、最後のギャク、きっと40代・・・いや50代以上じゃないと受けないと思います。
もちろん、わたしには理解できません・・・若いですから
Commented by tontonto-n at 2014-05-18 16:45
>深くにも笑ってしまいました。

深く笑っても浅く笑ってもかまいませんが
今度は知らんぷりして修正できないでしょう。
ざまぁ・・・・・・んねんですね・・・(V)o¥o(V)
Commented by squeu at 2014-05-18 19:42
ええー来ると思っていました。


<< Under the World 春の散歩道 >>