春の散歩道

なんと、再び更新です。

このままだとネタが無くなるんじゃないかと心配のあなた、心配は入りません。
あろうがなかろうが、その家更新が止まりますから・・・・笑

まあ、更新できる時に更新ということで。
d0047078_2259137.jpg

すっかり陽気が良くなってきました。
雑木林も散策する人が増えて来ています。
日中汗ばむ日もありますが、そんな日に雑木林に入ると、気持ちのいい風が通り抜けて行きます。
ふと、トトロに出てくる猫バスを思い出します。
d0047078_22593745.jpg

まあ、私の場合どちらかと言うと人がいないところを好んで歩きます。
いちゃいけないってことは、無いんですが、一応撮影をしますので気が散るというか、撮影中はほっといてくれ的なところもありますし、チョウなどは、人がいると逃げたりするので撮影がどうしてもできません。
d0047078_22595246.jpg

つい先日も、道端でしゃがんで撮影していたら、
「何を撮られてるんですか?」
と、声を掛けられました。一瞬、どう答えようかと思いましたが、素直に
「水滴です。」
と、答えると、案の定聞いたおばちゃんは、ポカンとして暫く言葉が見当たらなかったようです。
d0047078_2301380.jpg

だから嫌なんです。
水滴のどこが悪いんだよ! なんて心の中では思いますが、まあ、普通に考えて道にしゃがんで水滴を撮ってる人はいないのも確かです。
おばちゃん、「わからなくてごめんなさいね。」と、苦笑いしながら去って行きました。

どんなに人がいないところを歩いても、多少は人と会いますのでこの類いのことはよくあります。
その度に、
「蜂です」「てんとう虫です」「蛾です」と、一応素直に答えますが、ほとんどの人は不思議な顔をします。
d0047078_2313634.jpg

確かに、私が同じ立場でも不思議に感じると思いますが・・・笑
ちなみに、チョウとか小さい花に関しては、どういうわけか理解する方が多いようですが、チョウの場合は、人が近くに寄って来たら、ほとんどの場合もうそこにはいません。

まあ、山道に入ってしまえば、ほとんど人と会うこともないんですが、そこで通り抜ける風がまた最高です。
d0047078_2304238.jpg

この雑木林見られる有名なものに、「シデコブシ」があります。
以前、お世話になっている板の方に、普通にあると言われました???
一応調べてみると、東海3件の一部の湿地帯にのみ生育してレッドデータに登録されているようです。

まあ、ここは群生していると言うほど沢山はないようですが、毎年花を咲かせています。
d0047078_231064.jpg

あと、こちらの方がポピュラーな気がしますが、ハルリンドウが咲いています。
ハルリンドウは、八丁トンボがいる沼に毎年花を咲かせます。
その他にも、東海モウセンゴケや、サギソウなどもここでは見ることができますが、まだ季節は早いようです。
d0047078_2311669.jpg

ちなみにモウセンゴケは、コンデジでは撮れませんでした。
昔は、好きなように中に入れたのですが、例の整備の後、人が一人歩ける道を作ってロープでかこってあります。
まあ、それはそれ、撮れる時にまだ撮りたいと思います。 思いっきりマクロで。。。
[PR]
by squeu | 2014-05-10 23:01 | 雑木林 | Comments(0)


<< てんとう虫のサンバ 数年ぶりのコミスジとの再会 >>